野崎友璃香のハワイアン・オーガニックライフ PART.12

野崎友璃香のハワイアン・オーガニックライフ PART.12

ココロとカラダの究極の癒し

5月になりハワイ島コナの海は透明度を増し、鏡のように滑らかな夏の海になりました。先日、ヒプノセラピストの宮崎ますみさんとコラボで行った「マドンナとマーメイドのための魂の休日、ドルフィンリトリート」が終了しました。

ますみさんとは昨年ご縁がつながり、イルカと泳げるハワイ島に暮らしている話をしたところ、「わたしもガンのサバイバーなのだけど、ガンを克服中の仲間をイルカと泳がせてあげたい、自然治癒力がUPする機会をあげたい」とのお話がありました。

私自身は過酷なアトピーの離脱の体験者。アトピーからの治癒のプロセスで一番効果のあったのが、海水療法、コナの海でイルカと泳ぎココロを解放しながらの海水療法でした。意図が明確なときは宇宙もサポートしやすいのですね。ココロとカラダの究極の癒しを体験できるハワイ島セミナーツアーを一緒にやりましょう、という話がトントンと進み、今回の実現となりました。

より健康でより輝いて生きていきたいと望む12名の参加者とともに、過ごす5泊6日。愛と調和にあふれたイルカ意識をお手本に過ごします。
ハワイ島の大自然からのパワーチャージと、美味しいローフードやオーガニックのご飯、海,大地、イルカと遊び、仲間とのつながりのゆったりとした時間のなかで、私たちはメキメキと本質の輝きを取り戻して行きました。

マダムペレが暮らすという、久しぶりに訪れたキラウエア火山のハレマウマウ火口は、そのベント(穴)が更に大きくなり、火口の三分の一ほどの大きさとなって、地下の赤いマグマの色が真っ暗な夜空を染めています。

破壊と創造の大地,カラパナでは、母なる地球をハグして、大地に横たわると自然と涙があふれ、細胞レベルからの解放と癒しが起こった人も……。イルカたちは私たちが「イルカと泳ぎたい」と必死になっているときよりも、気持ちのいい海で潜ったり泳いで自ら楽しんでいると、ふと近くに現れるのでした。

自分が自分らしく楽しんでいることで楽しいことを引き寄せ、自分も回りも元気でハッピーになるということをイルカたちは身を持って教えてくれました。新しいプログラミングがダウンロードされ、古いファイルの整理、削除をするかのような再生の時間となりました。

 

▼野崎友璃香の総合サイト
http://www.dolphin.or.jp
▼ハワイアンデトックス
http://www.hawaiiandetox.com
▼ハワイ島ドルフィンスイムサービス
http://www.rainbowdolphin-hawaii.com
▼ハワイ島ドルフィンヨガレトリート
http://www.retreat-in-paradise.com
▼野崎友璃香のFB
http://www.facebook.com/yurika.nozaki.5?ref=tn_tnmn

★バックナンバーを見る→連載記事:野崎友璃香