眠れない女性のためのIRODORI式安眠法(補足編)~当たり前のことから始めよう!~

眠れない女性のためのIRODORI式安眠法(補足編)~当たり前のことから始めよう!~

睡眠は豊かなスピリチュアルタイム

突然ですが、きちんと睡眠を取れていますか!? 「春眠暁を覚えず」ということわざがありますが、実際はどうでしょうか。もしかすると、夜中にオンラインゲームやyoutubeサーフィンに没頭していて、気がついたら朝だったなんてことはありませんか? 前に、安眠法のお話をしました。健全な精神は健全な生活リズムに宿るのです。

でも、これがなかなか難しくて、一度や二度、誰かにノウハウを教えてもらってもすぐに忘れてしまったりするのですよね。典型的に私がそのタイプで、どんなに偉い先生に教わったことでも、とっととっとと、三歩歩いたらすぐに忘れてしまいます。人には「君は、トリのような人間だね」とよく言われます。いいのです。人間は忘れることができるからツライ世の中を生きていけるのですから!

……というわけで、復習しましょう!
以前、「IRODORI式安眠法」として、以下のご提案をさせていただきました。

★寝る2時間前は携帯電話やパソコン、テレビは絶対に見ない。
★温かいハーブティを飲む(カフェインや冷たい飲み物は睡眠には大敵です)。
★寝具周りは青や水色がおススメです(心身をクールダウンさせ、日常のストレスによるダメージから救ってくれる色です)。
★自然のエネルギーで満たされた緑の観葉植物を寝室に置きましょう。
★決まった時間に朝食を摂る習慣をつける。

 
質の良い睡眠が取れていれば、とても気持ち良く朝を迎えられます。きっと、気持ちの良い朝を迎えられる人は、とても良い気分で一日をスタートさせることができると思います。でも、眠りが浅い状態で、悪夢を見ながらもがいていたとしたら最悪ですよね。眠っても、眠っても満足できません。

睡眠環境を整える

よく眠れるようにと寝具にこだわったり、アロマを活用したりと様々な工夫をしているのに全く効果が得られないという方は日常の基本的なことを見つめなおすと良いかもしれません。普段の食生活や生活習慣はいかがでしょうか?! 忙しさのあまり、食生活がおろそかになっていませんか?

「家事や仕事が忙しくって、正しい食事なんて悠長なコト言っている場合じゃないわ!」と自信満々に反論しているあなた! レッドシグナルですよ! その習慣を当たり前と思い込んで次世代に伝えてしまったら子々孫々に悪影響をもたらしてしまうので心してくださいね。もし、あなたが管理職だったら、部下の食事時間を奪うようなことだけは絶対にしないでくださいね。これらが、体調不良や睡眠リズムの異常の原因になる可能性大です!

さて。少し脱線してしまったので、睡眠の話に戻しますね。寝室をはじめ、部屋のお掃除はいかがでしょうか? 「部屋の状態」は「心の状態」と言われています。部屋を居心地の良い状態に保つことで、リラックス効果が増し、その上で寝具を変えたり、アロマを活用したりすると、より良い効果を実感できると思います。

睡眠時間は、単に身体を休めるだけの時間ではなく、魂の休息をする貴重なスピリチュアルタイムです。心と身体は繋がっています。質の良い睡眠を取るという当たり前のことを、当たり前のようにするには、やはり「日常の最も当たり前のこと」から改善することが大切だと思います。

人間は習慣の生き物です。大事なことは繰り返し習慣づけることによって潜在意識に刻まれ、それが当たり前になります。これは安眠法に限ったことではなく人生全般に言える大事なことですので、ぜひ覚えて置いてくださいね。