【月のリズムとアロマでキレイを磨く】新月から満月のオススメセルフケアPART.1

【月のリズムとアロマでキレイを磨く】新月から満月のオススメセルフケアPART.1

月のリズムで心身をケア

こんにちは。アロマ&ハーブ美容研究家オノエリです。
ゴールデンウィク後、通常モードにスイッチは切替わりましたか?きびきびとお仕事しながら、しっかりと自分なりのリラックスをし、毎日健やかに過ごしたいですね♪ さて、本日5月10日は新月です。今回は、月のリズムに合わせてあなたのキレイ度アップさせちゃうエッセンシャルオイル、セルフケア方法などについてご紹介させていただきます。

トリニティー読者の皆様はすでにご存知の方も多いと思いますが、「月のリズムと私たちの関係」について少しお話させていただきます。

月のパワーは、生物、植物、私たち人間と地球上のすべてに影響を与えていると言われています。地球上の面積の70%を占める海。海も月の満ち欠けで潮が満ちたり、引いたりしています。また、私たち人間の身体の約60%が水分でできていること、胎児が育つ羊水は海水とほぼ同じ成分でできているとも言われています。そして女性の生理周期は約28日。これは月の満ち欠けのサイクルとほぼ同じですね(正確には29,5日)。地球と人間の水分がほぼ同じということを考えても、人間は月の満ち欠けにより何かしらの影響を受けていると思いませんか?私たち人間は宇宙の縮図であり、宇宙・自然の一部分であることを実感しますよね。

現在、月のリズムに合わせた運動やお化粧品などもあり、月ブームが近付いているように感じますが、月ブームの火付け役は「月の癒し」(ヨハンナ・バウンガー&トーマス・ホッぺ著)ではないでしょうか。この本には、オーストリアのチロル地方に住む人々が、古くから伝わる「月や自然のリズム」に合わせて何気ない生活をしているだけで、ほとんどの人が病気もせずに90歳まで生きているということが書かれています。

私は、この本に影響を受け、随分前から月のリズムに合わせてセルフケア方法を変えたり、エッセンシャルオイルやハーブティーを選んだりしていました。今でも、毎年ハーブが育つ季節には、植物にパワーがあふれると言われる満月の日を選び収穫、そして、フレッシュハーブティーをいただいたり、乾燥したり、また入浴剤を作ったりしています。

そんなこと10年近く続けていたら、ふと気付くと自分の身体のリズムが自然につかめるようになったのです。また自分の身体や心と向き合うことで、月を特に意識していなくても、今現在、月が満月に向かっているのか? 新月に向かっているのか? 月のサイクルが分かるようになりました。自然のリズムを無意識のうちに感じとっている、こういう状態が続くようになってからは、風邪をひいたことや熱を出して寝込んだということが一日もなく、お肌のお手入れは職業上しっかりしていますが(笑)、とても良い状態が続いています。

新月から満月に向かうこの時期はリラックスして
大地のパワーを吸収

さて、この記事がアップされている頃は、月は新月から満月に向かうサイクルになります。この時期は、「吸収」「補給」「保護」「休養」の作用が高まると言われています。身体がいつもよりも吸収力が良くなりエネルギーを蓄えていき、いつもよりも身体や気持ちがリラックスしやすくなります。植物なども大地のパワーを吸収する時です。

この時期にオススメのケアとしては、ミネラルや栄養が豊富なものでオイルトリートメントやパックなどをしながらのんびりすること。

次回の記事では、ジャスミンのエッセンシャルオイルを使用したセルフケアの方法をご紹介します。

~PART.2に続く~