アーユルヴェーダ・インタビュー第4回~蓮村誠先生PART.3~

アーユルヴェーダ・インタビュー第4回~蓮村誠先生PART.3~

アーユルヴェーダの情報サイトであるアーユルヴェーダライフさんが、アーユルヴェーダの権威の方々に行ったインタビューをTrinity WEBでもご紹介させて頂けることになりました。5000年の歴史があるインドの叡智、アーユルヴェーダ。その深い叡智をご紹介します! 今回は、蓮村誠先生のインタビュー第三弾です。

アーユルヴェーダと西洋医学1

-先生は日本の医師でもいらっしゃいますが、アーユルヴェーダと西洋医学との違いについても、お話をお聞かせ頂けますか。

西洋医学、つまり現代医学は病気の原因を求め、その原因を駆除、あるいは病気に効くと思われるものを与え、患者さんの「病気を治す」という考え方をします。そのため医学とは、病気を治すため、あるいは病気というものを中心にみていく学問と捉えられています。

一方、アーユルヴェーダでは、患者さんの内側には本来の健康な状態を築いて作り出す力があるという考え方をします。患者さんの内なる力を引き出すことで、患者さん自らが自身を整えていけるようになり、更には自然に不必要なものを食べなくなり、健康の維持になすべきことを自らが行えるようになっていく。そして、そのようにして心身の全体が健康となることで、結果として病変としてあらわれていたものも自然に消失すると考えるのです。

「病気」に焦点をあてて考えているのか、それとも心身全体の「健康」を中心に考えているのか、西洋医学とアーユルヴェーダの根本的な違いはそこにあります。アーユルヴェーダは病気をみる学問ではなく、「完成された健康」をみる学問なのです。この点において西洋医学とは全く方向性が異なるものです。

近年、日本における医療としてのアーユルヴェーダの知識や技術に対して、西洋医学的な考え方から「病気を治すための医療」という見方になってしまっている面があるように思います。これは、当然のことなのですが、医療としてのアーユルヴェーダに取り組まれている方が西洋医学の医療に携わっている方なので、アーユルヴェーダに対する理解の仕方も西洋医学に則ったものになってしまっているからです。

それゆえアーユルヴェーダに対しても、「病気を治療する」「病気を診る」という観点で考えてしまっているところがありますが、これは誤っていると思います。

ここにAさんとBさんという、二人のお菓子職人(パティシィエ)がいるとします。
Aさんは毎日最上級のお菓子を食べて、最良の材料で一番美味しいお菓子を作ろうと、日夜研究を続けています。一方のBさんについては、とにかく不味いお菓子を食べ続けて、ひとつひとつのお菓子において何が美味しくない原因なのか毎日分析・研究を行っています。
Bさんはお菓子が不味くなる原因やそうした材料に関しては大変なエキスパートになりますが、反面、一度も美味しいお菓子を食べたことがなく、その味を知らないBさんは、結果として一番美味しいお菓子を作ることは出来ません。

西洋医学は、この場合のBさんにあたります。西洋医学は、病気に関しては大変なプロフェッショナルであり、技術も発達しています。様々な病気に関する種類や分類、診療方法等についても膨大な量の知識がありますが、実は健康そのものについての理解はあまりありません。

西洋医学では、本当の健康というものが、どういうものであるのか分かってはいないのです。普通、現代の人々に中に、本当の健康というものはほとんどありません。多くの人々は常に大小何かしらの健康上の問題を抱えています。

そうした状況において、一般平均として健康な状態はこのくらいだと認識はあっても、本来のあるべき姿の健康というものについての理解を得ることは難しいことです。これは仕方のないことでもあります。

~PART.4へ続く~

★PART.2はコチラ

————————————————–
■転載元:アーユルヴェーダライフ
http://www.ayurvedalife.jp/
(運営サイト:アーユルヴェーダスタイル)
http://www.ayurvedalife.jp/style/
————————————————–

■取材協力
医療法人社団邦友理至会 マハリシ南青山プライムクリニック
http://www.hoyurishikai.com/

■今回のインタビューでおうかがいさせていただいた場所)

医療法人社団邦友理至会 マハリシ南青山プライムクリニック
〒107-0062 東京都港区南青山1-15-2
お問い合わせ       Tel:03-5414-7555
ホームページ       http://www.hoyurishikai.com/

マハリシ・アーユルヴェーダ専門医療機関としては日本初の広域医療法人である私たちは、1992年よりマハリシ・アーユルヴェーダ専門医療機関として医療活動を行って参りました。
マハリシ・アーユルヴェーダは、対症療法を得意とする現代西洋医学に対し、個々の生命力(自然治癒力)を高め、各種症状の軽減、病気の予防、そして健康増進を実現するための医療です。
また、2005年には多くの方のご要望にお応えすべく新たに美容プログラムも拡充させ、マハリシ南青山プライムクリニックを開設いたしました。