スピリチュアルな香りの持つ「あなたらしさを呼び覚ます力」PART.4~2013年本番!あなたも「香りでナチュラル・アセンション」!!(前編)

スピリチュアルな香りの持つ「あなたらしさを呼び覚ます力」PART.4~2013年本番!あなたも「香りでナチュラル・アセンション」!!(前編)

引き続き、地球規模で、目を覚ますプロセスは、進行しています!
香りによって、ハートをひらき、自分自身の根源とつながりましょう。
そうすれば、宇宙の神秘に気づけるだけではなく、現実を豊かに生きられるのです。

幸せを引き寄せる、至福という感覚

香りを嗅ぐと、「至福、内なるエクスタシー」が目覚めます。
その至福は、大いなるすべて。香りで内なる意識にアクセスし、あなたの根源と繋がると目覚める感覚です。至福というフィーリングは、至福という現実を呼び覚まします。
香りでこの至福を呼びさまし、本来のあなたに目覚める方法。
シンプル、ナチュラルに……そして、自然界のシンクロニシティの波にのって、加速的に!!

2013年からのナチュラル・アセンション

2012年は、金環日食をはじめとする自然界の天体ショーが盛んでしたね。マヤ歴の終焉と新たな時代の扉が拓かれてゆくのに、天体や自然界も、私たちにとても大きな影響を与えられ、「本当の自分らしさとは?今後2013年以降、どのように生きてゆきたいのか?」と、ひとりひとりが問われた重大な一年でした。
私たちの集合意識の闇に光の風穴がひらいて、地球の闇と光のバイブレーションが、ある臨界点に達し、次なる世界へのゲート(扉)が開いたのです。
このゲートによって、益々のアセンションの流れが加速し、地球規模で目を覚ますプロセスが、益々加速してゆきます!

というわけで、2013年からが、いよいよ本番のアセンションです!!
私たちが、心や意識にまとってきた不要なもの。
エゴや不必要な執着、不必要なまでの欲求、自我や他者のコントロール、不安や恐れ、猜疑心や、罪悪感……。そういった心の垢が剥がれて、軽やかな意識へ、生まれたての赤ちゃんのような純粋で、愛や可能性に溢れた状態へ、地球にいながら目覚めてゆくことが、自然な現象の中で加速しています。

矛盾が解けて、純真なハートが、心から大切にしたいもの、大切にしたいものを選び、本当の自分らしい生き方が、目を覚まして、具現化してゆくパワーが増しています。
だから、自分のことをもっと好きになったもの勝ち。自分が心底愛している生き方を、信じられる力、闇を解いて、光を共振させる力を高めてゆきましょう!!

品質の高いエッセンシャルオイルによる、アロマテラピーは、
内なる至福を呼びさまし、概念や思考の制限、自分を抑圧したパターンを解いてゆく力があります。
嗅覚の受容器である嗅球を刺激して、第三の目をひらき、あなたの本質・本能を呼び覚まします。

直接エッセンシャルオイルの香りを嗅いだり、アロマポットやディフューザー、アロマバス、アロマセルフマッサージなどなど……。
微笑みながら、香りのスピリットをあなたのハートへ迎え入れ、あなたのクラウン(頭頂)チャクラや、ハートチャクラに、枠や制限のない、無限の豊かさを象徴するこの香りで、あなたを至福に見たし、幸運オーラが人生全体へと、満ち溢れてゆくことを加速させましょう!

思考でコントロールして、自分の本心や本能を抑え込まなくても大丈夫です。
香りで第三の目や、ハートがひらいてくることで、意識が上昇し、重苦しい概念がゆるんで、ハートも表情もにこやかに至福で溢れてゆきます。幸せや豊かさは、至福の磁場に集まってきます。
あなたのソウルを快適な、至福と豊かさへの旅へと誘い、導くことでしょう。

~次回につづく~

 

◆インフォメーション&プレゼント◆
表参道駅徒歩30秒!NEW OPEN! 『ヒーリングサロン・アロマボーテ表参道店』
スピリチュアルライフコーディネーター&アロマセラピスト原田瞳さん主宰の『ヒーリングサロン・アロマボーテ表参道店』。
今回オープンを記念して、原田瞳さんがサロンのギフト券3,000円分を3名様にプレゼントしてくださいました! 贅沢な癒しの時間を体験しませんか?
詳細はこちらをご覧ください!

>>http://www.el-aura.com/present/

アロマボーテでは、心身・魂に、HAPPYと活力を呼び覚ますための、究極のビタミンサロンです。「世界中の癒しの技術」をテーマに、西洋・東洋の代替医療である、海の恵み「タラソテラピー」、植物の恵み「アロマテラピー」、鉱石と地球の恵み「ストーンセラピー」を融合させ、お客様ひとりひとりに合った最高のリラクゼーションをご提供しています。

電話番号03-6434-0328
営業時間12:00~22:00(最終受付21:00)
http://www.aromabeaute.jp

★バックナンバーを見る→連載記事:原田瞳