夢を叶える奇跡のガヤトリーマントラ・コード PART.36 解脱へ導くガヤトリーマントラ

夢を叶える奇跡のガヤトリーマントラ・コード PART.36 解脱へ導くガヤトリーマントラ

今回から、様々な聖者がガヤトリー・マントラについて語っている内容を、「ガヤトリー・マントラの恵み」(サイ ビルディング刊 ※著作権フリー)より転載させて頂きます。

リシケシュのスワミ・シヴァーナンダ

あらゆるマントラの中でも、究極、最も強い可能性を秘めたものといえば、かの栄えあるガヤトリー・マントラである。ガヤトリー・マントラはまことのヒンドゥー教徒すべてを支えるいのちである。カースト、教義、地域、宗派にかかわりなく、真理を求め、このマントラの効力と栄光を信じるすべての人を支え助ける。必要なのは、清らかなこころと信仰だけだ。

実際、ガヤトリーこそは信徒を守り、神へと変革させ、至高の精神の光によって祝福を与えてくれる必勝の鎧であり、城塞である。毎日規則正しく数マラ(一マラはガヤトリー・マントラを108回くり返すこと)を唱えることによって、今生でも来世でも、あらゆる幸運と恵みをさずかるだろう。

ガヤトリー・マントラが正統的なブラーミン〔バラモン〕の階級だけに限られたものだと思ってはならない。全能にして究極のたましいに向かう光を求める人なら、誰でも近づくことができる。これこそは人類にとって、超越へのただひとつの導きの光である。

ガヤトリー・マントラのいう太陽神は、「タト サヴィトゥル」にあたる。これは太陽や月の照らす光ではなく、個を超えた絶対の存在、ブラフマンである。したがってガヤトリーは、すべてのマントラのなかでも最もすぐれたものであり、これをつかさどる女神は「至高のブラフマン」(パラ・ブラフマン)である。しかも神を求める人ならどんな人でもこのマントラをさずかることができる。ガヤトリーの唱名(ジャパ)〔神さまの御名を唱える修行〕をすれば、学生には内なる光(テージャス)があらわれ、世間の暮らしを営む人は大いに栄え、人から離れて森で修行する人には力と安らぎがもたらされる。

まごころと、情熱と、あつい信仰さえあれば、宗教やカーストが違っていても、修行にガヤトリー・マントラを選んでさしつかえない。あなたの人生は確実に祝福されるだろう。

神を求める人々よ。偉大なるガヤトリーの驚くべき可能性に気づくがいい。このマントラのもつ美しい遺産をあざやかに実現するのだ。太古の修行者(リシ)からわれわれに伝えられたこの聖なる力(シャクティ)を無駄にしてはいけない。

毎日の規則的なガヤトリーの唱名をはじめてみて、不思議な力があらわれるのを、みずから体験してみてほしい。唱名のために特定の時問を定め、この修行を続けるのだ。

ガヤトリーの唱名のなかで、力・安らぎ・悦びを高めていく

毎日休まず最低一マラの唱名をするといい。そうすればあらゆる危険から守られる。無限の強さが与えられ、いかなる障害も乗りこえられる。そして、力・安らぎ・悦びの華麗な頂点をきわめることができる。
ヴェーダの中で神は言う。
「ひとつのマントラがすべてに通ず(サマーノ・マントラハ)」と。
そのマントラこそが、ガヤトリーなのだ。四つのヴェーダの核心はウパニシャッド〔ヴェーダの奥義書〕の秘伝にあり、ウパニシャッドの核心はガヤトリー・マントラにおける三つの世界(ヴャフルテイ)(ブール ブヴァッスワハ)にある。

ガヤトリーはヴェーダの母であり、すべての罪ごとを滅ぼす。この地にてガヤトリー・マントラ以上にけがれをはらうものはない。ガヤトリーの唱名によって、すべてのヴェーダと「アンガ」〔ヴェーダの補足〕を暗唱するのと同じ成果が得られる。このマントラひとつを真面目で清らかな心で唱えることによって、死んではまた生まれ変わる永遠の輪からの解脱という、最高の幸運が訪れる。

ガヤトリー・マントラは、以下のサイトで、サイババが伝授している正しい唱え方の音源(無料)を聞くことができます。
http://www.sathyasai.or.jp/gayatrimm/gy.html