「あなたはだあれ?」~肉体でも肩書きでもない、本当の「私」を探す方法 PART.2

「あなたはだあれ?」~肉体でも肩書きでもない、本当の「私」を探す方法 PART.2

脳はワタシなのか?

「あなたは、だあれ?」。昨日、「私」とはいったい何なのかという、「私」探しの旅に読者の皆さんと旅立ちましたが、このような回答をした方がいました。

Sさん
「決定的な“私”は見つかりませんでしたが、脳みその中に“私”があると思います」
『脳みそこそ、「わたし」である』。これは多くの方から寄せられた回答でした。

先日、阿部敏郎さんの講演会に参加した際にこのようなお話しをシェアしていました。
阿部氏
「友人が脳梗塞で倒れて、『脳死』状態になったので、彼の居る病院に寄って来ました。病室で身体中をチューブや電極で繋がれた彼に、わたしはただ、『大丈夫だからね。』と告げました。すると、彼は涙を流しました。例え脳は死んでいても、彼は、私がやって来たことを知っていました。私が言っていることを、感じていました。存在として、そこに彼が居ることは、揺らぎようのない事実です。脳死が全ての終わりでは無いと、私は経験を通しても知っています。」

最先端の西洋医学が、「彼の脳は機能していません。もうただのタンパク質の塊です」と判断してもなお、そこに、「私」が存在するのです。そうなると、どうやら、「“私”とは、この脳みそである」も間違いらしいです。

そもそも、前回も言った通り、脳みそと全く同じ構造体を創り出すことは、現代科学では十分に可能です。今、実験室でニューロンのようなモノや、それが伝える神経物質を創り、それらのセットを、何十億個と並べてみましょう。さぁ、脳みそと全く同じモノが出来あがりました。この、脳みそと全く同じ機能をする物体を「ハナマルキ」という名前にしてみましょう。さて、ハナマルキは、「私」を感じるのでしょうか? 脳みそと全く同じ機能をする、ハナマルキは、「私」を感じているのでしょうか?

実験室でハナマルキが急に、「私は、マルコメになりたかった」などと、「私」を感じているであろう発言をするのでしょうか。仮に、そのような発言が機械的な計算の下にアウトプットされたとしても、本当にそこに「私」を感じているのでしょうか? そんなことはないでしょう。脳みそとまったく同じように物質をくっつけたところで、「私」なんて起こるわけがないんです。例え、ハナマルキに「私」が起こっていたとしても、それが起こっていることを僕らは知る事は出来ません。そんなこんなで、ハナマル曰く「“私”は脳みそでも無い」らしいです。

「脳みそにさえも、“私”を発見できないなら、もうどこにも「わたし」なんか居ないじゃないか」。そう、「私」なんて、どこを探しても見つからないんです。決定的な、これぞ「私」なんてどこにも無い。「私」の基となる物質なんて、身体の中にも外にも、どこにも無いんです。

名前は「私」ではありません。
身体も「私」ではありません。
脳みそも「私」ではありません。
それら全ての要素を集めても、「私」という現象なんて起きません。だけど、日常では「私」を感じて生きていいます。じゃあ、「私」とは一体なんなのでしょうか。「私」を見つけることは出来ませんが、説明することは出来ます。それは……あなたが普段、「私」が存在すると思っている場面を想像すればいいのです。そうするとあなたは、「私を感じた場面? 全ての瞬間、“私”を感じているわよ!」と仰るかもしれません。

「私」が花を見た。
「私」が悲しみを感じた。
「私」が美味しい料理を味わった。
「私」は生きていると思っている。

そう……『「私」とは、○○を感じるもの』なのです。
「私」とは、観測するもの。
「私」とは、感じるもの。
「私」とは、認識するもの。

何かを感じている、その時、そこには、「感じているもの」と「感じさせているもの」があります。「私」が起きている宇宙の全ての場所の、全ての瞬間には、この両者があります。「認識するもの(認識主体)」と「認識されるもの(認識対象物)」。要するに、「私」が起こっている時にはいつでも、そこに、「認識するもの」がいるはずです。だから、「認識するもの」こそが、「私」であると言えるのです。

私は、私を探す存在

ここに、「私」をどれだけ探しても見つからなかった理由があります。「何かを探す」という行為には、【探している人】と【探されているもの】が必要です。【探している人】とは、「探しているぞ!」とビシバシ感じているわけですから、【探している人】が認識主体です。だから、【探している人(認識主体)】が「私(認識主体)」を発見することは、永遠に無いわけです。

探す存在こそが、「私」だから、「私」は「私」を永遠に探せないわけです。万が一、「見つけた!」と思ったとしても、その人自体がまだそこに居る訳だから、その「見つけた!」と思っている人(私)を見つけきれていないわけです。永遠に、「私」は「私」を探せません。ということは、「私」というモノがある(存在)ということを、「私」が永遠に確認(探せない)出来ないわけですから、「私」なんて、この世に居ないことになります。

「私」なんてどこにも居ないのに、「私」はここに居る気がビンビンしている。今日も、宇宙で一番不思議な現象である「私」が起こっているのです。「あなた」がこの世に存在するということを、「あなた」が確かめることは永遠に出来ません。確かめている存在が、「あなた」だから。

★バックナンバーはコチラ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上は、ブログ「笑えるスピリチュアル」からの転載です