ノンシュガーの生姜エキスで、春も夏も生姜ライフを継続!

ノンシュガーの生姜エキスで、春も夏も生姜ライフを継続!

夏の殺菌作用、健胃にも、やっぱり生姜

寒かったこの冬、生姜のお世話になったという方は多いでしょう。けれど、春も夏も実は冷えやすい環境にある私たちの身体。引き続き生姜の力を取り入れていきたいものです。生姜は単に身体を温めるだけでなく、胃腸の調子を整えたり、抗酸化、殺菌の作用があります。お寿司にガリがついているのも、生の生姜が持つ「ジンゲロール」という強い殺菌作用を食中毒の予防にするため。冬は、加熱して生姜を摂ることが多いと思いますが、加熱するとこの「ジンゲロール」は「ショウガオール」という成分に変化し、血管を拡張させたり、身体を温める効果が高くなります。冬は冬なりの、夏は夏なりの活躍をしてくれるのが生姜なのです。

夏になると食中毒や冷たいものの摂り過ぎによる胃の疲れなども心配。また、夏バテから食欲をなくしたり、気力も落ちがちですよね。そんな時にも生姜パワーは大活躍。適度な辛みや胃をスッキリさせる効果で、食欲の増進にもつながります。冷え解消だけでなく、夏の体調管理という意味でも継続して摂っていくことが大切です。

ノンシュガーの生姜シロップ

今は、手軽に生姜を取り入れるための商品もたくさん発売されています。生姜ジャム、パウダー、生姜シロップなどなど。けれど、食べやすさを求めてハチミツを含めて加糖されているものがこれまでは多かったように思います。そんななかで、石川県の酒造メーカーとして知られる福光屋から発売された「生姜 de 生姜」は、うれしいノンシュガー。しかも、1625年創業という老舗が培ってきた米発酵技術による米発酵エキスで20種類の天然アミノ酸が豊富に含まれています。その総美容成分は100を超えているというから、日々のサポートにぴったり。使用されている生姜は、高知県産の野趣的な香りと辛み、美しい黄金色が特徴の「黄金生姜」と辛み、香りともにマイルドな「大生姜」。さらに、ノンシュガーなのでドリンクなどに入れるのはもちろん、調味料としての用途が広まります。

夏は炭酸水で割れば、大人のジンジャエールが楽しめます。加熱すると大切な酵素が壊れてしまうハチミツも、ここに直接食われば酵素たっぷりのまま摂りいれることが可能。甘味を自分で調節できるので、サラダのドレッシングなどにも活用できそうですね。もちろん、香料や合成着色料、保存料は一切不使用。ぜひ、温かいシーズンの生姜ライフに取り入れてみてください。


「生姜 de 生姜」 アミノリセ プラス ノンシュガージンジャーエキス
300ml 2,100円(税込)
福光屋 http://www.kome-hacco.com/