もしかしてこれって『チャンス』なのかも?! 片思いの告白が失敗したときにできること

もしかしてこれって『チャンス』なのかも?! 片思いの告白が失敗したときにできること

笑うか!泣くか!愛の告白が失敗!
後のメンテナンス方法で貴方のセンスがわかる

一度くらいは失恋をしたことが誰にでもあるのだろうと、むしろ失恋の経験をしていて欲しいと願うのは私だけでしょうか。気付くと好きになっているのが恋。いつからか分からずある瞬間から新しい世界の扉が開きます。気持ちが高まり、とうとう言葉で伝えようと、まるで少女漫画のような世界に入り込みます。きっと漫画の世界があるから憧れちゃうのかもしれません。ドリカムの音楽にもあるように「好きを伝えるだけで涙が出ちゃうのだろう」音符にするだけでも精一杯に感じる告白。実は失敗する方が断然多いのはご存知でしょうか?  好きな人とは一緒になれないジンクスは正直な説があります。でもここで言いたいのは気持ちを伝えた後のこと。立ち直れない、部屋で泣き崩れるなど良く耳にしますが、大切なのは心のメンテナンスを出来るかどうか、という事なのです。

失敗したと思うのは、相手に期待をしているからなのです。では、何を期待してしまうのか? 勿論、答えはひとつ。相手も自分のことを好きでいてくれたら嬉しいということ。相手に「ごめん」と言われることになぜか嫌われた、認められなかったと勝手に判断してしまいます。でもそれは自分の妄想なのです。妄想を上手にコントロールしてゆけば心の風邪を伴うことはないでしょう。『振られた=失敗』という説があるならば『振られない自分=勝利』を目指せば良いだけのことです。失敗と成功は紙一重。言葉や想い、感覚をプラスに変えてゆける人はまさに【生きるセンス】があるのだと私は思うわけです。

必然的恋愛の中で起こる意地悪な展開には
引き寄せる未来への扉があった!

 

世の中に偶然などは存在しません。私には全ての事実は必然的に起こるものだと感じています。産まれてから何日何時何分に誰と出会うかは、まるで出逢いカレンダーの様に定められているご縁。ご縁とは良い悪いと判断するものではありません。人間感覚が麻痺し全てを白黒の結末にしがちなだけです。「告白をして振られた、だから最悪なのだ」、一体何処がダメなのでしょう。少しばかりの意地悪は人生の中で沢山あります。その意地悪をプラスに考えてゆく箱を脳裏に用意してください。意地悪に反発してゆける勢いがポジティブ精神へと変化し、更にパワーアップしてゆけるのです。そこに貴方の輝かしい未来があるのです。恋はいつでも出来ます、自然に起こる事件なものです。

きっと何度もこれが最高な恋だと言っては終わりを迎えてきた人もいるのではないでしょうか。しかし、新たに好きな人は出来る、出会ってしまう。不思議と恋心が動き出す瞬間はやってくるのです。全ての結果よりもそのプロセスでいつの間にか成長している自分自身に出会います。それが新しい未来への扉。結局は意地悪な恋が貴方を新しい世界へ連れていってくれるのです。未来は誰も知る事が出来ない世界。だからこそ想像する新しい恋を引き寄せる力は強くなり、願いは叶ってゆくもの。これが【引き寄せの法則】というものです。これは次回にお話しましょう。ひとつだけ大事なことを云うならば、全ては自分自身の選択によって、どの世界へも飛ぶことが出来るという事です。そしてそこに存在するのは全てが新しい未来しかないということなのです。