さぁ体臭をなくせ!マクロビオティック健康法~『排泄』PART.2 実践前編!

さぁ体臭をなくせ!マクロビオティック健康法~『排泄』PART.2 実践前編!

みなさま、こんにちは。お待たせしてしまいましたが、今回は前回の続きとしまして、渋谷尚子流の、「スムーズな排泄法」をご紹介していきましょう。

(1). 体温を上げる

なぜはじめに体温の上昇からスタートさせるのかと言いますと、現代のみなさんは食生活が豊かすぎて(イヤミです。笑)、逆に貧血や低血圧、低体温の症状を抱えていらっしゃる方がとても多いのです。これらの3つのうち1つでも当てはまると、ダイエットをしてもすぐにリバウンドしてしまったり、便秘の改善で逆に過剰な下痢を引き起こして栄養失調になったり、ムダに風邪を引いたり、原因のはっきりしない体調不良を抱えてしまったりします。

現代の食生活の豊かさは、必要な栄養分をきちんと摂取できておらず、代わりにスナック菓子やスイーツ類、ファーストフードやコンビニフードによる偏食、また、外国食の取り入れすぎによる脂肪や脂の過剰摂取となっており、まずはこれらを少し控えて、お米をよく噛み、1日1回は和定食などの一汁三菜を実践してみると良いでしょう。お米はもちろん、私が推奨するのは、無農薬や有機栽培の「玄米」です。お味噌汁もかならず付けましょう。

 

(2).「しょうが酵素」を取り入れる。

しょうが酵素の作り方は前回ご紹介しました(作り方はコチラ)。朝のお茶や紅茶に、しょうが酵素の”汁”を少し入れてみたり、しょうが酵素を炒めて、お味噌汁の出汁にすることもできます。旨みがじわっと出ますよ! また、ご自宅でケーキやパンを焼いたりする方は、このしょうが酵素を使って、甘くないジンジャーケーキや、シナモンとあわせたジンジャーブレッドもおすすめですね。少量ならケークサレにも合うでしょう。砂糖不使用のドライフルーツと、このしょうが酵素を一緒に煮詰めて、フルーツコンポートにして、パウンドケーキに入れて焼いてもとてもおいしいですよ。このしょうが酵素は加熱に強いのです。

もちろん、このしょうが酵素を毎朝、もしくは気が向いたときに、1~2枚ポリポリとそのまま食べてしまうのも、とても効果的です。私がご紹介したしょうが酵素(=しょうがの塩漬け)は、とてもしょっぱいのですが、そのしょっぱさと、しょうがそのものの殺菌・解毒効果とが相乗効果を表し、血液サラサラ効果や、体内でどろどろしている余分な脂肪分や、体内に沈殿している白砂糖や化学添加物、乳製品や肉や魚の脂を身体から排出してくれる、大きな助けとなるのです。そして、体温がバッチリ上がっていきます。

お風呂上りや、急に走ったあとに立ちくらみがする、という方はいらっしゃいませんか? そのような貧血の症状をお持ちの方には、特に、このしょうが酵素、本当にオススメです。

具体的な排泄方法は次回ご紹介します。

 

★バックナンバーはコチラ