オーガニックでヘルシーエイジングライフPART.8~なぜ砂糖はカラダに良くないのか~

オーガニックでヘルシーエイジングライフPART.8~なぜ砂糖はカラダに良くないのか~

白砂糖は、化学物質の塊!?

今回も体内からのアプローチ、食事で気を付けることのひとつ「糖分」の摂取についてです。健康志向の方々のもはや常識になりつつありますが、「精製した白砂糖は百害あって一利無し」。そして糖分で私達が一番多く摂取しているのが白砂糖。日常の食事に余程気を付けない限り、白砂糖を避けるのは難しいのが現状です。

白砂糖は菓子類に限らず、清涼飲料水、ハム・ソーセージなどの食肉加工食品、ケチャップ・ソースなどの調味料とあらゆる加工食品に入っています。体に良くないと言われる白砂糖をなるべく摂取しないように心がけてはいるものの、何故そこまで良くないものとされているのか理解している人はそう多くはないのではと思います。

絞ったサトウキビを煮詰めてできた「白砂糖」は、化学物質の塊です。精製過程で様々な化学薬品、例えば亜硫酸、ホウ酸塩、塩素、無機酸などを使用して漂白し、砂糖が作られた段階でミネラル分が全く無くなってしまった化学物質と化しています。そして白砂糖よりも体にいいお砂糖と勘違いされているのが「三温糖」。三温糖は和菓子などに使用されることが多いですが、実は白砂糖と同じ化学物質の塊です。

三温糖は白砂糖と同じ製造過程でグラニュー糖などの白砂糖が先に出来て、残った糖液をさらに煮詰めて結晶を取り出し、この過程を繰り返すと糖液に茶色い色がついてきます。これが三温糖です。グラニュー糖をさらに精製したものが三温糖なので、白砂糖より更に精製された白砂糖より悪いものという位置付けになります。また、砂糖大根から作られる日本市場に出回っている薄茶色の「甜菜糖」もくせもの。実はほんものの甜菜糖の色は「白」。甜菜糖はヘルシースイーツなどに使われていますが、オリゴ糖とミネラル分が多く含まれ砂糖の中では白砂糖よりも良い位置付けです。

しかし砂糖大根を煮詰めて作られた精製された薄茶色の甜菜糖はオリゴ糖もミネラル分も精製された時点でほとんど無くなっています。薄い茶色をしているのは煮詰めた時の焦げた色、灰汁の色です。甜菜糖を使用するなら、日本ではあまり出回っていませんがオリゴ糖もミネラル分も豊富な未精製の白いオーガニック甜菜糖が良いと思います。

精製された砂糖を、摂り込むことで起きるのは?

精製された砂糖を大量に体に取り込むと、体を酸化させて病気にかかりやすくなり老化を早める原因になるだけでなく、血糖値が急激に上がり低血糖になりアドレナリンが分泌されイライラしてキレやすくなる、不眠になるなど様々な健康障害の原因になります。ここ数年でアトピー性皮膚炎、アレルギー体質、虚弱体質、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、化学物質過敏症などの子供が増えているのもこの白砂糖の過剰摂取がひとつの原因であると言われています。

また、白砂糖は酸性食品なので体が中和するためカルシウムが使われます。白砂糖にはカルシウムが含まれていないので体内にある骨や歯のカルシウムが使用され、骨や歯が弱くなってしまいます。加えて白砂糖の過剰摂取は、疲れ、めまい、貧血、鬱病、肥満、記憶力低下といった障害を引き起こす確率が高くなります。

白砂糖そのものは避けても、意外に摂っているのが甘味料

更に白砂糖や三温糖より最悪なのが新甘味料。新甘味料は人工甘味料と天然甘味料があり、危険と言われている人工甘味料として代表的なのが、アスパルテーム、サッカリン、キシリトール、スクラロースなどです。アスパルテームの成分の一つであるメチルアルコールは消化されるとホルムアルデヒドに変わります。

アメリカではアスパルテームの被害サポートまであってさまざまな健康被害が報告されています。サッカリンはコールタール化合物でファミリーレストランなどに置いてあるカロリーゼロシュガーに入っています。キシリトールは虫歯に効果的と言われていますがそれほど期待できるものではなく、動物実験で健康被害が見られ、スクラロースは98%が純粋だとみなされていますが残り2%は重金属、メタノール、ヒ素で出来ています。

人工甘味料の長期的な過度の摂取の副作用は、癌、記憶障害、神経細胞の損傷、生殖障害、精神錯乱、脳障害、アルツハイマー、関節痛など挙げたらキリがない程です。これらの人工甘味料はカロリーが低く、甘さは白砂糖の数十倍あるため、カロリーゼロやシュガーレスの謳い文句で清涼飲料水、ガム、チョコレート、飴、アイスクリーム、ダイエット食品などに添加されていますが、カロリーゼロという理由でダイエット清涼飲料水を飲むことは、白砂糖を原材料とする清涼飲料水を飲むことより体に良くないことになります。

天然新甘味料のステビア、トレハロースが最近食品の原材料表示でよく見かけますが、ステビアは天然の甘味料と言っても発癌性が疑われており、妊娠障害を起こす可能性があると言われています。トレハロースは危険性が無いと言われていますが、安全性は確認されておらず安全なのか危険なのかも今の時点ではわかりません。

天然の糖分を適度に摂取して

糖分は体に良くないもののレッテルが貼られていますが、全く糖分を取らないのも体に良くないですよね。ヘルシーでエネルギッシュな毎日をおくるための糖分摂取は、フルーツ、メープルシロップ、はちみつ、未精製甜菜糖、玄米水飴、玄米甘酒などから取るようにして、次に黒砂糖、キビ砂糖、水飴がベスト。化学物質ではなく「食品」のカテゴリーに入りカルシウムやミネラルが含まれた糖分を摂取した方が健康被害の確率を減らすことになります。

最後に、甘いスイーツは女性にとって至福のひと時を与えてくれて、私のようにスイーツを見ただけで幸せな気分になるという人も多いのではないかと思います。スイーツが食べたくなった時はロースイーツやマクロビスイーツ、オーガニック原材料のスイーツが大活躍。罪悪感無しで食べられる自分へのご褒美です。