【癸巳(みずのとみ)年の守り神☆守り本尊】その1:守り本尊に関して

【癸巳(みずのとみ)年の守り神☆守り本尊】その1:守り本尊に関して

運気とパワーがみるみるアップする開運言魂文字のアーティスト☆紫水です。先日、旧暦の新年が明け漸く本当の意味での新年を迎え、新たな年のエネルギーになったと感じております。

癸巳の守り本尊は『普賢菩薩』、守り神様は『大國魂神』

毎年干支によって守り神様と守り本尊があるのをご存知ですか? 今年は癸巳(みずのとみ)年です。今年の守り本尊は『普賢菩薩』様で、守り神様は『大國魂神(おおくにたまのかみ) 』様です。癸巳(みずのとみ)年の守り本尊である『普賢菩薩』様とはあらゆる場所に現れ、命あるものを救う慈悲を司る菩薩さまで、その普賢菩薩様のご真言”オン・サンマヤ・サトバン”を唱えれば、災いを避け、寿命が延びると言われています。

ご真言とは大日経などの密教経典に由来し、その経典の中に書かれているサンスクリット語の呪文のことで、真実の言葉という意で、転じて仏の言葉をいうそうです。真言は音が重要であることから、翻訳せず音写を用いるそうです。真言を唱えることで、発願を仏に直接働きかけることができるとされている。(ウィキペディア)

また普賢菩薩様を表す梵字もあり”アーン”と言います。梵字とはヒンドゥー教またはインド哲学における宇宙の根本原理とされる”ブラフマン(梵)”の創造した文字であるとされ、また、単に「梵語(サンスクリット)を表記するための文字」とも解されています。 その梵字は一文字でその神仏のパワーを表していると言われています。その文字には災難から守り良き方向へ導いて下さるパワーがあると言われています。

本年のご加護を願った、オリジナルアート

歳も改まった所で本年のご加護を願い、梵字や言魂文字(神代文字)という形霊(かただま)を用いてアートにさせて頂きました。

 

「癸巳(みずのとみ)年の守り本尊:普賢菩薩様のご真言アート」

普賢菩薩様のご真言”オン・サンマヤ・サトバン”梵字”アーン”に加え、古代の暦”ホツマエト”で癸巳(みずのとみ)年は”ネヤト”にあたり、そちらをホツマ文字にて書かせて頂きました。詳しくは以下をご覧下さい。

【A:ホツマ文字】 古代の暦の”ホツマエト”の”ネヤト”と書貸せて頂きました。
【B:ご真言】 円になってる全体で、普賢菩薩様のご真言”オン・サンマヤ・サトバン” と書かせて頂きました。
【C:梵字】 普賢菩薩様を表す梵字”アーン” と書かせて頂きました。

このホツマ文字とは神代文字の一種です。神代文字は天と人間を繋ぐ文字です。正神界からの気線と常に深く繋がることになり、ハイヤーセルフからのメッセージをを受け取りやすくなり、また、サイキックアタックから身を守ることにもつながると言われています。ご真言は宇宙のエネルギーを表す音霊(おとだま)で、梵字も神代文字も宇宙のエネルギーを形にした形霊(かただま)なのですね。

普賢菩薩様のパワーに溢れた形霊(かただま)であるアートを部屋に飾り、ご真言を唱える事で沢山のご加護を頂き、今年1年のさらなる開運が期待できます。

これらのアートにご興味がある方はこちらをご覧下さいね。
【癸巳(みずのとみ)年の守り神☆守り本尊アート】
http://miraclekototamart.jp/mizunotomi.htm

次回は守り神である大國魂神(おおくにたまのかみ)様とそのアートをご紹介させて頂きますね。
今日もあなたにとって幸せな事が沢山訪れますよう……。
あなたの魂が輝く1日と成りますよう……。
あなたの愛ある魂の願望が全て優雅に叶いますよう……。
常に素晴らしい地球であり続けますよう……。

参考:wikipwdia

 

開運言魂アーティスト☆紫水

=============================
以上、開運言魂アーティスト 紫水ブログからの転載
(全ての内容について紫水が著作権を保持しています)
『あなたの本当のパワーと才能を引き出す開運アート!願いが叶う幸せの言霊文字』
http://ameblo.jp/miraclekototamart/

=============================