『心理セラピスト』が教える「新しい自分になる方法」とは?

『心理セラピスト』が教える「新しい自分になる方法」とは?

「つまらない」と感じたら、新しい自分になるチャンス

「毎日がマンネリでつまらない。こんな自分じゃイヤだ。欲を言えば変わりたい……」。そんなふうに思った事はありませんか。僕たち人間は、習慣の動物です。習慣というのは、つまり当たり前のように繰り返すことです。もっというと、無意識レベルで言動を繰り返すことです。

毎日がマンネリだったりという場合は、まさに飽きるパターンを無意識がルーティンワークにしてしまっている可能性があります。そうなってくると、今までの自分ではなく、新しい自分になりたいなんていう気持ちが出て来ても不思議ではありません。とはいえ、今の生活パターンすべてが問題だという場合と、必ずしもそういうわけではないという場合もあると思います。今の生活パターンすべてが問題だと言う場合は、少々深い問題ですので、セラピストやカウンセラーに一度相談してみると良いかもしれません。もちろん、「あなたの心が病んでいます!」という意味ではありません。セラピストやカウンセラーは必ずしも病人相手というわけではありません(※例外は除く)。どちらかというと、病気になってしまう前に、より元気になって貰いたいと思っているセラピストが多いともいます。そして、自分自身を見つめ直すことで、案外今まで気づかなかった気づきがあったりもします。

 

マンネリ生活から抜け出す方法

「そこまでは行かないけど、できることなら、せめてマンネリ生活から抜け出せたら良いなー……」と思っているのなら、これは比較的簡単に変化を持たせることができます。その方法は、とっても簡単です。この簡単メソッドを使いこなせるようになれば、結果的に変身とまでは行かないまでも、新しい自分にどんどん変化していくことができます。今から、それをステップ・バイ・ステップで説明して行きますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

STEP1:今の自分を受け入れる
マンネリしている自分を否定しない事です。自己否定はとてもネガティイブなパワーを持っていますので、そのパワーに支配されてしまったらマンネリどころか、負のルーティンンに陥ってしまいます。「私は、今の自分を受け入れます。その上で、新しい自分を作ります!」と心の中で唱えて下さい。今、この瞬間の自分を受け入れることでリラックスして新しい自分に近づけるようになります。今の自分を受け入れるということは、新しい自分になる方法以外でも大事な事なので必ず覚えておいて下さい。

STEP2:普段しない事を敢えてする
日頃自分が行っていない事で、実行可能な事をやってみましょう。マンネリ解消のために、わざわざ大きな変化をする必要はありません。むしろ、小さな変化の方が低リスクとも言えます。たとえば、いつも黒系の服ばかり着ている人だったら、敢えてパステルカラーの服を着て見る…という程度で構いません。それでも抵抗がある場合は、黒系ではない目立つワンポイントのアクセサリーをつけて見ると言うのもオススメです。普段、職場まで電車で通っている人は、敢えて一駅手前で下車して、そこから会社まで歩く…というのも良いでしょう。普段料理をしない人なら、敢えて料理を作ってみる…というのも楽しいかもしれません。

STEP3:定期的に、STEP1&2を行う
人間は機械ではないので、ずっと同じ事を繰り返していると、どうしても飽きて来ます。これは人間が常に成長する事を望んでいるからだと考えると良いと思います。そして人間の脳は、ルーティンになれると、頭を使わなくなって来ます。つまり、脳に大した刺激がないということです。なので、敢えて日頃やらない事をしてみることで、脳が活性化するのです。ほどよい刺激(普段やらない事をする)を与える事によって、あなたの世界も少しずつ変わって来ます。

注意点としては、ほとんど無いのですが、普段と違う事をすると中には冷やかして来る人もいるかもしれません。だから、小さな変化がオススメなのです。冷やかされても気にならない程度の変化(新しい刺激)ならストレスもたまらないと思います。こんなふうに、小さな変化をどんどん繰り返して行く事によって、思考、行動が変わり、最終的には人生そのものが変化して来るかもしれません。焦らず、楽しみながら、ぜひ試してみて下さいね。