アロマセラピストが伝授! インフルエンザから身を守る効果的なケア術

アロマセラピストが伝授! インフルエンザから身を守る効果的なケア術

新年になり既に1ヶ月も過ぎてしまいましたが、皆様はお変わりありませんか? お休み気分もすっかり抜け、今はたまった仕事に家事に追われてる時期かもしれませんね。かくいう私もですから……。更新も遅れすみません。

蔓延するインフルエンザ
基本的なケアは怠らずに

この冬は、思ったより積雪が多い地域もあったようですね。普段降らない意外な都会でかなり積もり、道具やタイヤの特別な準備等していないが為に生活リズムが狂った、という方も多かったのではないでしょうか。そして、体調を崩すと全ての調子が狂うと言っても過言ではない程、仕事にメンタル面に支障をきたしますよね。特に今はインフルエンザが全国的に蔓延してますが、予防接種を打ってもひいてしまう人も多いようです。ありきたりですが、一番の予防策は外から帰ったら手洗い&うがいは必須。もはやこれらは切っては切れないものです。これだけでもかなり予防できますよ。

 

正しいうがいのポイント
抗菌効果のあるアロマと声を出すこと

まず、口全体をゆすぎ汚れを取ります。次に上を向いて声を出してうがいをしましょう。職場や外出先で人目があっても恥ずかしがらず是非やってくださいね。これを3回程繰り返して、のどの奥に絡んでる埃や様々な菌を取り除いてください。この時に是非試して頂きたいお勧めの精油があります。え?精油を口に入れるの?とお思いかもしれませんが、かなり効き目があるので是非どうぞ。抗菌効果のあるティートゥリーやペパーミントを、うがいするコップ半分以下ほどの水に1滴垂らしてからうがいしてみてください。ここで我慢ですが、上を向いてのうがいは「ガラガラ」と声を出すのにせめて10秒は続けて下さい(ちょっと長いですが、短いと殺菌効果が弱くなります)。のどがすっとして呼吸が楽になります。もし気持ち悪かったら水ですすいでくださいね。精油がお手元になければ勿論、市販のうがい薬でもOKですよ。

 

咳がひどい時には、芳香浴がおススメ

もし風邪をひいてしまい、咳がひどい時の外出には、ハンカチに精油を1滴垂らして香りを嗅ぐだけでも楽になるのでお試しください。そしてお家では芳香浴がお勧めです。お持ちであればオイルウォーマーやアロマライト等を使用し、水に精油を3~4滴垂らして使うと、鼻やのどに効果あり不快感を和らげてくれます。もしなければ洗面器にお湯をはり、精油を2~3滴垂らして蒸気が逃げないよう頭からタオルをかぶり、目を閉じ上から顔に蒸気を当てます。同時に口を少し開けて呼吸すると精油成分が口と鼻から吸収されます。これら全てに使用する精油には、上記2点の他にユーカリ・ラベンダー・サイプレスにローズマリー等が殺菌消毒に適しています。

これだけやっても風邪をひく時はひいてしまいますが、とにかく、一番の予防はうがい手洗いの前に、早寝早起きして充分身体を休ませる事です。皆さんも是非お試しくださいね。春はもうすぐそこまで来ていますよ。次回もこの時期のアロマ活用法を書きたいと思います。