『心理セラピスト』が教える「お散歩回想法」とは?~過去は立派な宝物~

『心理セラピスト』が教える「お散歩回想法」とは?~過去は立派な宝物~

散歩好きでお馴染みの僕ですが、今日は、普通の散歩とはちょっぴり違う散歩をご紹介したいと思います。と、その前に少しだけ難しいお話しをします。もちろんあなたにとっては簡単に理解できる内容なので軽く聞いて下さい。あなたは『回想法』という言葉を聞いた事がありますか?

セラピストとともに
昔の自分を振り返る回想法

簡単に言うと、セラピストとおしゃべりをしながら自分の昔を振り返るという作業のことです。最近では高齢社会の影響もあり、認知症予防の高齢者用の心理療法の一種で昔話をして楽しんでもらうセラピーだと認識している人も少なくないと思います。確かにその通りです。しかし、回想法はそれだけではなく、うつ病の人用のセラピーとしても利用されています。昔を思い出して楽しむ、古い記憶を呼び覚ます、若かりし日のやる残した事を改めて思い出す、人と話をする事で世代間交流が出来る、などなど色々な役割があります。回想法は、もっと奥深いものなのですが、ここでは説明しきれないので割愛させて頂きます。

お散歩回想法は歩くことでリラックス状態をつくり
良い刺激を与えてくれる

今回、僕が提唱する『お散歩回想法』はとても便利なものです。認知症対象ではありませんので、誰でもほどほど簡単にできます。まず、『お散歩』ですが、歩くことです。別に乗り物に乗っても構いませんが、とにかく歩いて移動する事です。運動にもなりますので、筋トレ効果もあり、血行促進も促します。一定のリズムで歩くことでリラックス状態にもなれます。もちろん歩行障害のある方は車椅子を使っても構いません。一緒に散歩をしてくれる仲間がいても良いでしょう。ただし、ここでは世間話に花を咲かせたりアイドルの話で盛り上がるのではなく、あくまでも『回想法』の一環である事を忘れない事が重要です。

お散歩回想法のポイント その1
昔の自分にとって思い出の地を歩く

歩くコースですが、ここもとても重要です。自分のルーツを思い出せる場所を選んで下さい。犬が好むコースではありません。あなた自身の歴史に関係のある場所を選ぶ事がポイントです。たとえば、子どもの頃、お母さんと一緒にお買い物に行ったスーパー。友達とよく遊んでいた場所。公園。学校。ゲームセンター。デートに愛用していた喫茶店(カフェ?)。危険な場所でなければ何処でもOKです。トラウマを誘発して気分を害するところは避けて下さいね。先ほど「ほどほど簡単にできます」と言いましたが、必ずしもこれが現在住んでいるところの近所とは限らないところが少々難しいところでもあります。しかし、日帰りで行ける場所でしたら、お休みの日に小旅行気分で出かけてみるのも良いと思います。お子さんがいらっしゃる方でしたら、一緒に行って自分のルーツというか育った環境を見せてあげる事も粋だと思います。

お散歩回想法のポイント その2
感情にフォーカスする

私事ですが、先日、僕自身が久々に大学に行って来ました。もちろん大学に用事があったわけではありません。ふと20代の頃の自分に会いたいような、会えるような、そんな気持ちになったのです。時間が経過していますので、キャンパス周辺も微妙に変化していました。あの頃のままのところもあれば、知らない店が出来ていたり、愛用していたカフェが違うお店になっていたりなんてこともありました。それらの変化も含めて、尚のこと当時の記憶が蘇って来ました。「あの頃は、あんなことがあったなー……」「あの頃はこんなことをしてたなー……」等々。ただ、ここで大切なのは過去を単なる美談にして感傷に浸るだけでは無いということです。これは『お散歩回想法』をするにあたって、意識して欲しい事なのですが、感情にフォーカスして下さい。あの頃の気持ちを呼び起こして下さい。感じて下さい。そして、現在の自分と比べて見て下さい。これは善悪の問題は関係ありません。今が、あの時より確実に幸せならそれはそれでステキですし、過去の自分が大切にしていた価値観や感情を忘れていた事を思い出せたなら、それを現在に活かせかもしれません。古き良き日の思い出や感情が未来へのヒントになるかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕たちは時間に追われて生きています。気が付くとルーティンワークで生きていて、その日その日をやり過ごすだけで精いっぱい。過去のことや未来のことなんて考える余裕も無い。そんな生活をしている人も少なくないと思います。よく「今日を精一杯生きるのが素晴らしい!」と言いますが、それは過去や未来を軽視しているのではなく、過去から現在に元気に生きて来られた事に感謝して、より良い未来に繋げるために今日という日を大切にしようという意味です。今日のノルマをこなすためだけに精一杯生きろと言っているのではないのです。ちょっと過去にタイムトラベルするような気持ちで、ぜひ『お散歩回想法』を実践して見て下さい。明日に繋がる何かを得られると思いますよ。