もうすぐバレンタインデー! ~女子力をUPさせる色彩メソッド(2)

もうすぐバレンタインデー! ~女子力をUPさせる色彩メソッド(2)

もうすぐ2月のビックイベント・バレンタインデーですね! みなさんにとってバレンタインデーはどんな日でしょうか? 私にとっては、お世話になった人たちに感謝の気持ちを示す大切な…というのもありますが、やっぱり開き直ってチョコレートを食べられる日かもしれません。いえ、冗談ですからね。感謝の気持ちを示す日ですよ!

バレンタインデーは人との
コミュニケーションのきっかけとなる日

街中のお菓子屋さんや百貨店、スーパーなどにはバレンタイン用のチョコレートがたくさん並んでいます。バレンタインデーは女性から男性にチョコレートをプレゼントするイベントですが、最近は自分へのご褒美に高級なチョコレートを買ったり、お友達同士で交換する「友チョコ」というのも流行ったりしているようです。
そのため、美味しいばかりではなく、味やデザインにこだわったチョコレート(明らかに男性ではなく女性が喜びそうなデザインも増えてきましたよね!)など、様々なチョコレートが食べられる甘い物が大好き女子にとってはとても待ち遠しい季節でもありますよね。私はお菓子会社の回し者ではありませんので、必ずしも商業主義的な誘導をしようとは思ってないのですが、このバレンタインデーが意中のカレにアプローチしたり、日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを伝えたりするコミュニケーションのきっかけになって幸せの連鎖が生まれたらとてもステキだなと思います。

男性は女性より敏感
義理チョコにも心を込めよう

ところで、よく「本命チョコ」、「義理チョコ」という言葉を聞きます。そこで気になるのが実は「義理チョコ」です。たまにですが普段あまり親交のない人や、あまり好きではない人に、いわゆる社交辞令的な意味合いで「仕方なしに」チョコレートを渡している人を見かけるときがあります。特に、そんな気持ちが相手に伝わってしまうような態度をもし取ってしまったとしたら残念な結果を招いてしまうかもしれません。男性って、実は女性が思っているよりもずっと敏感ですからね。
義理であろうとなんであろうと、相手と少しでも仲良くなったりするきっかけになれば、それにこしたことはありません。相手の喜ぶ顔をイメージして、さわやかな気持ちを持つことが大切だと私は思います。いつも賢くてステキなあなたは、きっと普段から周りの人達に良い印象を与えていると思います。そこで今回は、相手に好印象を与えるカラーメソッドをご紹介いたします。

チョコレートに思いを添えるカラー術

「え?チョコレートって茶色じゃないですか?カラーメソッドも何も…」と思わずツッコミを入れたくなった方、さすがです。その通りです。おっしゃるとおり、赤いチョコレートや緑のチョコレートなんてありませんものね。
でも、大丈夫なのです。色というのは、すべてをその色で塗り固める必要は無いのです。どこかワンポイント以上、さりげなく取り入れてあげることで、それなりに効果を発揮するものなのです。

だから、たとえばチョコレートのラッピングやリボンの色にカラーメソッドを取り入れてみるとか、相手にチョコレートを渡すときの自分の服装の色など、それとなくカラー効果を取り入れる箇所はあると思うので、ちょっとだけ知恵を絞ってみてください。案外簡単にできると思いますよ。
★黄
黄色を身につけると、感情や表情が豊かになり、とても明るい印象を与えることができます。見ている相手の緊張感をほぐし、温かい気持ちにさせるので、好かれやすくなりなります。友達になりたい相手がいる方にオススメです。

★緑
「癒し」や「安心」を表す緑色を身につけると、心身のバランスが整い爽やかや若々しさを引き出してくれます。見ている相手に安心感を与る緑色は「調和」を表す意味合いもあるので、相手に親しみやすさを与え、場を和ませることができます。

★オレンジ
オレンジ色を身につけると、明るく元気な気持ちになれます。見ている相手との距離感を縮めてくれるオレンジ色は、ひとなつこくてフレンドリーな印象を与えてくれます。人見知りしやすい方にオススメな色です。
あなたの魅力や優しさがますます伝わるチャンスです! ぜひご活用くださいね。