菅式カッサで美しく生まれ変わる PART.2~腸を効果的にマッサージする菅式カッサ術

菅式カッサで美しく生まれ変わる PART.2~腸を効果的にマッサージする菅式カッサ術

腸を効果的にマッサージする菅式カッサ術

菅式骨気美容創始者の菅貞子でございます。この連載は、不定期更新とさせていただいておりますが、初回から結構時間が経ってしまいましたよね……。楽しみにされていたみなさま、お待たせしてすみません。今回が2回目ですが、今年最初の更新になりますので、セルフカッサをお伝えする前に、【菅式】のカッサについて少しお話ししたいと思います。健康や美容に興味のある方にはすっかりお馴染みになった「カッサ」ですが、中国式や韓国式など様々な手法がありますよね。

【菅式】は韓国伝統の手技が基盤となっているカッサマッサージですが、効果をすぐに実感できるように私が独自アレンジしたオリジナルのカッサの手技です。一番の特徴は、陶器で出来ている壺やプレートタイプのカッサを部位によって使い分けていることです。

↑【菅式】で使用しているカッサです。↑
カッサを使い分けることによってその部位にピンポイントで圧が加わりますので、短時間で血液の循環がよくなります。
※この連載ではお手持ちのカッサでも出来るように工夫しております。

そして今回から、たくさんあるカッサ療法の中で、みなさまが、【菅式】と認識しやすいように「カッサ」のことを韓国式に「クァルサ」と呼ぶようにしますね。
では、今日は便秘に効果的な腸のセルフクァルサをお伝えします!
毎回必ずカッサでトリートメントをする前に、お手持ちのクァルサが欠けていたり、亀裂が生じていないかをきちんと確認してくださいね。

☆腸クァルサ☆
※図はイメージです。

1. カッサで真ん中からおへその下に向かって3セット

 

2. やや強めに、カッサでおへその斜め下に向かって3セット

 

 3. 時計回りにぐるぐるとカッサを回しながら3セット

 

4. 1~3を3~5分繰り返しながら、カッサで腸に向かって強くアプローチし、両手でおへその下の部分を軽く叩きながら親指に意識を持ち、鼠蹊部(そけいぶ)のリンパ節の方に向かってゆっくり流します。

 

カッサマッサージは簡単なので是非試してみてくださいね!また次回お会いしましょう。

★バックナンバーはコチラ