ソウルメイトを探し求めて~PART.5「結婚とソウルメイト」

ソウルメイトを探し求めて~PART.5「結婚とソウルメイト」

前回お話いたしました内容にて、どうしても気になるのがこのような内容ではないかと思います。

・ソウルメイトとの出会いはいつなのか
・ソウルメイトとはどのような出会いをするのか
・ソウルメイトはどんな容姿なのか
・現世でのソウルメイトとの出会いの目的や意味は何なのか
・ソウルメイトとはどのような繋がりがあるのか
・いま、付き合っている人はソウルメイトなのか
・ソウルメイトは誰なのか

魂レベルによって異なりますが、ソウルメイトと出会うことにより、あなたに欠けていた部分を補ってくれる人にこの広い地球上で出会い、二人の人間が引き寄せられ愛し合うことによって、一人では出来なかった現世での課題を果たす準備が整います。

自分が求める結婚のイメージにとらわれすぎないように

今の地球上の人口は65億人ほどでしょうか。この先、増えるという説もあれば、減るという説もありますが、今現在、20歳~60歳の男女、恋をして結婚に至るという意味で子供を持つか持たないかは別として、地球上に人種、宗教、肌の色、話す言語に関係なく、この世に生まれて来る前に、あなた自身の欠点、前世にて遣り遂げられないかったことを果たすためにソウルメイトと繋がることは確かです。

また、社会的な貢献だけなく、前世で相手を裏切ったり、赦せなかったり、結婚したかったがカースト的な問題があり、反対されて愛する人でない人と結婚したが、あの世に帰って、愛する人と再会したときに、今度こそは自分の意思を貫き通して、障害を乗り越えてはじめて現世で再会するパターンもあります。

わたし達が求めている本来のその相手とは、「経験」であり、その経験をもたらす相手がほかにどんな新しい体験を同時にもたらしてくれるのは、一緒に暮らさないと理解出来ないでしょう。
わたし達は自分が求める結婚のイメージばかり気を取られてしまい、宇宙が真のソウルメイトを通じてあなたにもたらすもっと大きな幸せに気づかないでいるかも知れません。

互いに補い合うのがソウルメイト
足りない部分を取り繕ったりしないこと

ソウルメイトは「貝併せ」のように、ぴったりと思考も似ています。
その意味は、二人の間に存在する「絆の形」を知ることで、お互いの魂の成長を促し、宇宙のシナリオに沿って二人が幸福を掴む「目的」「夢」「生き方」方向性を知ることで大きなヒントになることでしょう。

ここで注意しなければならないのは、あなたにふさわしいパートナーを見つけるためには、まずは自分に足りない部分を改善しようと思い、表面的に着飾ったり、繕ったりしても、魂は嘘はつきません。

陽と陰、太陽と月・・・。

あなたに足りない部分を補ってくれる相手ですから、あなたらしい生き方を知れば遠回りせずに、相手と繋がって行くことが出来るでしょう。
二人異なった個性が一緒になることで、そこからは必ずさらなる個性的な何かが生まれることでしょう。
もしも、この人と一緒になりたいと思う運命のパートナーを見つけることが出来たならば、その相手との関係がどのような可能性を秘めているのか知ることで、ソウルメイトなのか、カルマメイトなのか、どことなく分かることが出来るでしょう。

物質的な見返りを求めず、魂の道に従う

このとき、あなたが運命のパートナーに物質的な何かを求めることは本来のソウルメイトであるかどうかを見極めるのに妨げになります。
この世に生まれて来る前に、どのような可能性を用意しているのかを見ることです。
実りのある愛の絆を作るには、信頼と時間が必要になって来ます。
そして、相手をあるがままに受け入れ、あなた自身も愛する努力が必要になって来ます。
あなたに会うために、どこかで暮らしている運命のパートナーに会うためにあなたが進むべき道に向かうことで、必ず、ソウルメイトと出会います。

魂の道に逆らって生きていると、生まれて来る前に計画された人生の予定を拒否していることになり、あなたの良さを理解してくれる魂との片割れとの出会いがもっと先になることでしょう。
また、魂の道に逆らって生きることで、困難な人生を歩み続けることになり、愛すること、人を信じることよりも、まずは生活のために生きるという辛い道を進むことになりかねます。

頑なに、貴重な時間を悩むよりも、自分の計画して来た生き方を知り、その道しるべを知ることで、運命のパートナーとも出会い、そして、現世で成功できるための鍵を手に入れることが近道なのです。
(注:道しるべを知るということは、「人生を知る個人コンサルテーションメールリーディング」の意味を含んでいます。)

 

すべての記事を見る

連載:ソウルメイトを探し求めて