アクエリアス時代の主流になる「エソテリック・ヒーリング」とは? PART.21

アクエリアス時代の主流になる「エソテリック・ヒーリング」とは? PART.21

どうやったら「愛に満たされる」のか? から始まって、「純粋な愛の経路」となるためには3つの必要条件を満たせば良い、というところまでたどり着いた前回、ではその3つの必要条件とは何なのかを、今日はお伝えしたいと思います。

これからお伝えするのは、極めて重要な結論です。なぜならば、「真の愛に満たされたい」と思っている貴女にとって、この方法を実践することが、自分が真の愛に満たされ、また他人をも真の愛によって癒せるようになるための、最短ルートだからです。

本当に凄い方法です。でも、だから、ちょっと難解ですが、我慢して是非読んでください。
では、発表します。

【「純粋な愛の経路」となるためには3つの必要条件】
(1)完全なる平静
(2)すべてを網羅する見解
(3)聖なる理解

・・・・・・

何だ~、全然分からな~い・・・という声が、聞こえてきそうですね。
最初は、本当に分からないのです。私自身、今でも十分に分かっているとは言い難いのですが、少しずつ、本当に少しずつですが、努力したらしただけ、確実に分かってきています。それが秘教を学ぶ醍醐味です。
本当に深い叡智は、そう簡単に学べるものではありません。地道で継続した努力が必要です。そうやって身についたものだけが、人間を本当に進歩させます。

それ以外のものは、すべてまやかしです。まやかしの愛情が、すぐに色あせてしまうように、跡形もなく消えていってしまいます。そうやって失敗を繰り返した末に、厳しくても愛に満ちた本当の道を人は手さぐりで探り当てながら、進歩していくのです。

さて、先に述べた3つがなぜ必要条件なのかを、検討してみましょう。
真の愛は、魂のエネルギーがハート・チャクラを通して流れることによって、体験される、と前回述べました。
そのように魂とつながれるためには、パーソナリティーの器=肉体・エーテル体、アストラル体、メンタル体をすべて統御しなければなりません。

(1)完全なる平静は、乱れた感情をしずめること、つまりアストラル体の統御に関係します。そのためのキーワードは「聖なる無関心」です。それが達成されると、メンタル体が働きだし、それがエーテル体を通して肉体脳とつながりやすくなります。

(2)すべてを網羅する見解は、そうなった状態で、肉体・エーテル体~メンタル体を統御することに関係します。それを促進するためには「無執着」と「識別」を心がけることが重要だと教えられています。
そうしてパーソナリティーの器をすべて統御できたとき、

(3)聖なる理解を心がけることによって、魂とつながることができ、進化した人はさらにレベルの高いブッディ(純粋な愛・純粋理性)ともつながる、とされています。

この説明を読んでも、まだぼんやりとした感じだと思います。それは仕方のないことです。でも、これらの言葉を頭に入れて、実践し続けてみてください。
あるいはもし、純粋な愛、ハートから溢れるような愛のエネルギーを体験したことがあったら、そのときの貴女がどのような状況だったか、思い出してみてください。

私の乏しい体験からでも、確かにこの3つの必要条件が満たされていました。
何かピンと来たところのある人は是非、チャレンジしてみてください。思いがけない体験が待っているかもしれませんよ。

★バックナンバーはコチラ