日本全体をパワースポットにするPART.7 「初詣の 願いを 祈りに」

日本全体をパワースポットにするPART.7 「初詣の 願いを 祈りに」

ピュア―になって、「直接」天とつながること。これが、「素直」という意味です。

「純粋な祈り」とは、「無」になって、宇宙意識が流れ込んでくる、そういう状態になった時に生まれる「祈り」。
つまり、サムシンググレートの「祈り」、宇宙、自然、神、の目的そのものと一致した、直接つながった、「祈り」ということです。

そのとき、宇宙そのもの、あるいは、太陽エネルギーが流れ込んできます。

 

初詣

正月三が日の参拝者数は全国9939万人。

神社が、お寺が、ご祈願として用意しているのは、多くが決められたように、「家内安全」「商売繁盛」。

九千万人の日本人の多くが、自分のために「願い」ます。

それは、自分のためだけの、願いへの誘導。

ご利益を願わせることが、仏陀の教えなのでしょうか?
ご利益を願わせることが、神道の教えなのでしょうか?

それを、今、ここから、変えませんか?
九千万人の初詣する人々、その潜在的な力を感じることができるでしょう。

それを「観じる」ことができたなら、「願いごと」が、自分のための願いごとから、地球のための、宇宙のための「祈り」に変えてみたくならないでしょうか。
九千万の「祈り」は、すごいエネルギーをもつことになります。

祈りは、表明であり、顕われです。

新しい年は、ひとつの上昇。新しい次元へ誘うものとしての歳神。
今、ここから、時間の区切りを、宇宙の周期の区切りへ。

初詣は、そういうものを用意してくれています。

 

そして、

初詣の 願いを 祈りに 変えることは、祀りごとを、新たに、初詣に行く九千万人の「祈り」によって蘇らせることになるでしょう。

神も「乗れる」祈りということは、神の「祈り」に人間の意識が同調するということと同じです。

神の「祈り」に共振して、三次元の世界に、地球に、日本に、それを顕していくための「祀り」を生み出していくのだと思います。

「願い」を「祈り」に変えることは、環境意識を、惑星意識を、宇宙意識を、高次元の意識を取り戻し、本質的な根源にアクセスするために「無」になることです。

「無」になることによって、エゴの考えを解き放つことによって、神の祈りに同調します。
「無」になることによって、今までの価値観から解放され、進化というものを、連続的に、瞬間的に、可能にします。

祈りによって、「無」になり、つまり、すべての領域に渡っての根本的な見直しを生み出せることを「観じ」て、時空間のすべてを建て直していく、

新しい、くにづくり、それが、「初詣の、願いを祈りに」と呼びかけることによって、生まれるビジョンです。

美しい初詣の姿です。

初詣で行なう「願いごと」を「祈り」に変えることができれば、日本は変わるのではないでしょうか?

 

日本全体をパワースポットにする

■書籍『初詣の 願いを 祈りに』



■書籍『願いを 祈りに』

 

▼『マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013』

http://cosmic-diary.jp/cn4/pg167.html

▼2012年 マヤの預言
http://cosmic-diary.jp/cn12/wisdom.html

▼講座「マヤの叡智」
http://cosmic-diary.jp/cn13/invisibleuniversity.html

▼Facebook  柳瀬宏秀
http://www.facebook.com/hirohide.yanase

▼Facebook マヤの叡智
http://on.fb.me/OiaNNL


★バックナンバーはコチラ