オーガニックでヘルシーエイジングライフ PART.1~オーガニックライフの大切さ

オーガニックでヘルシーエイジングライフ PART.1~オーガニックライフの大切さ

都心でオーガニック・ノンケミカルライフをおくり、自身の肌トラブルを改善したオーガニックアドバイザーのMioと申します。これから、「オーガニックでヘルシーエイジングライフ」と題して、いつまでも美しくありたいと願う美意識の高い女性の方々に、オーガニックライフを提案していこうと記事を書き始めることとなりました。どうぞ宜しくお願い致します。

日本でもオーガニックがだいぶ市民権を得るようになり、オーガニックコスメ、オーガニックマルシェ、オーガニックショップ、オーガニックスーパーなどを都心でも多く見かけるようになりました。

私がオーガニックライフを始めたきっかけが、母の癌闘病生活による食生活改善、自身のアレルギー・肌トラブルや仕事の激務による体調不良の生活習慣改善です。オーガニックライフの実践者には、妊娠中や小さな子供を持つお母さん、アトピー性皮膚炎やアレルギーを持つ方々が多くみられます。

日本でアトピーやアレルギーを持つ子供は今や25~50人に1人と言われています。それは、いつからか自然界に存在しない合成化学物質が巷にあふれ、食品、化粧品、日用品、飲み薬、住宅、オフィス、農業地帯にまで、何を食べても、どこへ行っても避けられない社会になってしまったのが大きな原因ではないかと言われています。

現在60・70代の世代の身体に、今は認可されていない化学物質を含む合成化学物質が取り込まれ、生体濃縮によりその世代の子供たちの体内に濃縮され、またその子供たちが合成化学物質を身体に取り込んで大人になり、彼等の子供たちにはさらに濃縮された合成化学物質が体内に蓄積されていく……、こんな連鎖が起こっているのです。

現代では、人間の身体が益々弱くなってきているのです。アトピー性皮膚炎、アレルギー体質、虚弱体質、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、化学物質過敏症などの子供が多いのも当然の結果と言えるでしょう。

そこでカギとなるのが合成化学物質をなるべく取り込まない生活をおくること、要するにオーガニックライフです。人が幸せであるには、心身共に健康であることが第一条件です。

心身共に健康であることは、若さを保つことにつながり、ヘルシーエイジングライフにもなるのです。私はココロもカラダも健康で豊かに、そしていつまでも魅力的な女性として生きていくために、現代社会に必要なのがオーガニックライフであると考えています。

また今、世界各国でエコロジー化が騒がれ、自然回帰の方向へ向かっています。皆様ご存知のように、二酸化炭素・温室効果ガス等による地球温暖化・海面上昇・凍土溶解、工業化・自動車の普及によるオゾン層破壊・大気汚染・酸性雨・水質土壌汚染、開発による生態系の破壊、生物多様性の減退、乱開発による砂漠化などの環境問題が深刻化していることも大きな問題です。

農薬も化学肥料も使用しないオーガニック農業は自然環境を守り、持続可能な社会を子孫に残していく農業、つまりエコロジーに結びついていきます。よって、オーガニックライフをおくることは、地球環境を守ることに一役買うことにもなります。

シンプルで且つヘルシーなオーガニックライフを通して、いつまでも幸せに自分らしく、そしてココロもカラダも美しくあり続けるにはどうしたらよいかを、皆様に少しずつお話をしていこうと思います。