人の往来が光の道になるPART.4 ~アフリカに光が広まる~

人の往来が光の道になるPART.4  ~アフリカに光が広まる~

ヒプノセラピーの中で、正明さんは部族が孤立しているアフリカに道路や空港などのインフラをつくって人々が交流できるようにしている未来ビジョンを観ました。アセンションにおける人や地球の変化は、大河の流れのように外見は変わらないが、確実に中身が変わっていくと伝えられたのです。

 

-あなたは自分が過去からずっと孤独でいたと感じており、魂自体が孤独をテーマにしているのではないかと思っているが、そうなのか?
元々がある役割を持っているので、普通の生活ではない。自分のテーマにフォーカスすると自分一人で生きていかざるを得ない。

-それは自分で分かっていたことなのか?
そうだ。

-アセンションにおける地球の変化の状況について聞きたい。
アメリカとEUが寒波。吹雪の状態。アメリカとヨーロッパは急に凍る。急激に冷えることはあるが、ゆっくりと解けていく。一時的に急激に凍るがゆっくりと解ける。

-日本の変化はどうなのか?
地球上の日本列島は繭に包まれている。守られている感じ。白い殻に守られている。

-変化はより緩やかになっていると感じるが、日本は誰が守ってくれているのか?
日本の中の人たちが守っている。多くの人たちの意識で変化が緩やかになっている。気づいている人が多い。

-あなたを守護してくれている高次の存在はどのような方がいるのか?
エジプトのイシスとマリア様。

-それぞれの方からあなたへのメッセージをお願いしたい。
イシス:「ちょっとした混乱はあるかもしれないが、それはしょうがないので、耐えて役割を果たしなさい」
マリア様:「常に側にいます。愛を送っています。守護しています」

-あなたはエジプトと縁があると思うが、過去世でどんなことをしていたのか?
古代エジプトの秘儀を司っていた。女性だ った。ファラオの母親。そこで間違いを起こした。闇を統治した。

 

ヒプノセラピーの中で、私は正明さんを本来の自分になり、役割を果たし喜びに満ちている未来の場面に誘導して行きました。

 

-浮かんできた未来のビジョンはどんな感じなのか?
枯れた大地。道路がある。ジープがあって測量している。

-場所はどこか?
中央アフリカ。

-何をしている場面なのか?
空港をつくる計画をしている。大きな道もつくる。人が行き来できるインフラ。流れが、人の往来が光の道になる。

-アフリカには人が移動できる道が必要ということなのか?
人が行き来できるようになってアフリカに光が広まる。今のアフリカは部族が孤立しているので交流できるようにする。

-未来の自分はどんな感じなのか?
やる気があって使命感に燃えている。

-今から何年後の未来なのか?
5年後。

-未来のアフリカの状況はどうか?
それほど悪くなっていない。自然が保たれている。人間以外の自然や動物が大切。アマゾンなど、多様性が保たれている場所が重要。人間が多すぎてしまっている。人間が自然の大切さに気づいていく。

-未来の場面での地球の状況はどうか?
それほど変わっていない。人の意識が変わっている。見た目は変わらないが、中身が変わる。大きな変化はある。大河の流れのように、一見すると流れていないようだが、確実に流れている。

-未来の自分からのメッセージは?
「現状にくさるな!留まってしまわないこと。一歩一歩、歩 いていけ!」

-あなたが、今回のヒプノセラピーセッションを通じて得た気づきは何か?
変化とステップがきっかけとなる。2012年は多くの人にとってきっかけを与える。変化の年。自分だけではない。

~終わり~

★バックナンバーはコチラ