菅原千春のパワーストーンと暮らす PART.1~「リンク・繋がる」パワーストーンとの関係

菅原千春のパワーストーンと暮らす PART.1~「リンク・繋がる」パワーストーンとの関係

癒しと浄化のパワーいっぱいのハワイから菅原千春です。今年もあっという間に師走を迎えましたね。今日は私の生活に欠かせない、大好きなパワーストーンのお話です。

古から「天然石(パワーストーン)」には癒しや願いを叶える力があると伝えられてきました。心身を癒したり、特別な儀式の道具として使われ来た天然石は古くから、身を飾るだけではなく、身を守るための装飾品としても人々から愛されています。

メディスンマンはヒーリングの儀式に、シャーマンは身を守り願いを叶えるパワーストーンとして、中世の魔女達は魔法や邪気を払う道具として……。パワーストーンにまつわる神話や伝承はたくさんあります。

現在パワーストーンはブレスレットやネックレスなどのアクセサリーに広く使われ、浄化用のクラスターなども人気がありますね。携帯ストラップやチャームなど、身に着けなくても、お守り代わりに常に身近に置いておけるものもたくさんあります。身体やお顔のマッサージに使うローズクォーツの美容グッズや、瞑想時に使うヒーリンググッズなどもいろいろなパワーストーンを素材につくられたもがあります。

パワーストーンが身近になった今だからこそ、そのパワーや効果を存分に発揮させる、しっかりと石と繋がる方法をシェアさせて頂きますね。

パワーストーンにはたくさんの種類があり、そのひとつひとつの石に意味や期待出来る効果などがあります。その意味や期待出来る効果がパワーストーンを選ぶ基準になっている方が殆どで一般的なようですね。

また、石選びは「お店の方(専門家)にお任せする」と言う方もかなり多くいらっしゃるようです。「あなたにはこれ!」と勧められる場合も少なくないようですが、みなさんはいかがですか?

現在身に着けられたり、お持ちのパワーストーンはどんな風に選ばれましたか?

今の状態はいかがでしょう?気に入って毎日身に着けたり、触ったり、あなたにとって身近で心地良い存在ですか? 愛着はありますか? 今一度、意識してみてください。
もし、心地良い存在ではなく、愛着もあまりないと言うのであれば、手に入れた時の経緯などを思い出してみるのもいいかも知れません。

その場合、選んだ時にしっかりとそのパワストーンとリンク(繋がること)が出来ていないことが多いと思われます。

何となく買ったけれど、部屋に置きっ放し……と言うようなパワーストーンをお持ちの場合には、もう一度見てみる、触ってみる。そして、石の種類に合った浄化法で浄化してみる。流水、セージでのスマッシング、天然塩や土に埋める、月光浴など、様々な浄化法がありますので、ぜひ一度試してみてください。浄化が終ったら、手のひらにのせ、もうひとつの手のひらをかぶせるようにして石を包み、軽く目を閉じパワーストーンの波動を感じてください。そして、石への想い(感謝やお願いごと)があれば、心の声で石に話しかけてみる。

何かのご縁でやってきた、あなたのパワーストーンともう一度仲良くなれるかも知れませんよ。

もしも、そう言う気持ちも湧かないのであれば、土に埋める、川や海に流すなどの方法で感謝の意を込め、自然に還してあげましょう。

気に入って身に着けているパワーストーンも最低でも月に一度の月光欲での浄化をお勧めします。お水に強いパワーストーンであれば、コップなどの器に入れて流水で浄化する。手元にホワイトセージの葉があれば、煙にくゆらせスマッシング、チューニングフォークやティンシャ(チベタンベル)などの音を使った浄化も安全で簡単に出来ますよ。

パワーストーンを欲しいけれど、どれを買ったら良いか分からない、自分に何が合っているのか分からないなど、長い間検討中のあなたへ「パワーストーンの選び方!」に続きます。

12月3日〜13日までの期間、数量限定で、私のオリジナルブランド「Divine Magic」のカスタムメイドのパワーストーン・ブレスレットがライトワークスヒーリングショップにて販売中。

次回の記事は「菅原千春の新月アファメーション PART.3〜2012年12月〜」です。お楽しみに!
今日も最後までお読み頂きありがとうございます。