『運命鑑定士』が教える禁受法!「不幸の法則」とは?

『運命鑑定士』が教える禁受法!「不幸の法則」とは?

僕たち人類の殆どの人が幸せになりたいと思っています。もちろん僕もその一人です。ちまたでは、幸せになる方法や成功法則などがたくさん出てきました。最近は、そういうものがたくさん出回るようになってきたので本当に便利だと思います。そのお陰で、文章も分かりやすい言葉で書かれていたり、海外の情報もたくさん日本に入って来るようになりました。可愛いイラストが描かれていたり、親しみやすくて便利な物が増えて来て、とてもありがたいと思っています。

僕が提唱している《ご縁の法則》を駆使して下さっている方が多く、精神レベルの高いお友達をたくさん増やした方も、たくさんいるようです。「お陰様で、お友達が増えました!ありがとうございます!」というメッセージも頂くようになりました。

他にも、いろいろな法則を駆使して、健康を手に入れた人もお金を手にした人も多いのではないかと思います。もしくは恋愛が成就したとか仕事運が上がったとか。

そんなふうに有意義な法則がたくさんあるわけで、きちんと勉強して実践しても何故か、事がうまく運ばないと言う方も実際問題少なくないと思います。

今回は、そこにフォーカスしてお話ししたいと思います。もし、あなたが様々な成功法則を学んだのに関わらず、少しも良くならない。出費がかさむだけだった、というのであれば、知らず知らずのうちに、《不幸の法則》を使ってしまっている可能性があります。

この法則はとても強力なパワーを持っています。世界中に出回っているあらゆるメソッドの中で一番恐ろしい力を秘めていると思います。

逆に言うと、この《不幸の法則》をきちんと理解して対処すれば、恐れる物は無いと言うくらい人生が好転する可能性が出てくると言う事です。

僕たちの幸せを願う自己実現を根底から覆して、人生を不幸に陥れてしまうこの《不幸の法則》とは何か説明します。

それは《否定マインド》です。潜在意識の中に、この否定マインドを植え付けてしまったら、どんなに幸せになるメソッドを頭に叩き込んでも無効化されてしまうのです。

否定マインドを具体的に説明します。まず、自分の口癖を思い出してみてください。「どうせ私なんか何をやってもうまくいくはずないんだ……」「私なんか生まれて来なければ良かったんだ……」「私は一生不幸に違いない……」「私は誰からも愛されないし必要ともされないんだ……」と、言っていませんか。これは本当に危険です。

思考や言葉というものは、ポジティブなものより、ネガティブのものの方がパワーが圧倒的に強いのです。ということは、本心では幸せや成功を願っていたとしても、否定マインドがその都度顔を出したら、そちらのパワーが勝ってしまうのです。

「どうせ私なんか何をやってもうまくいくはずないんだ…」という土台の上にたとえば「歌が上手になりたい」と言ったところで、最初から否定的な状態なので、どんなに歌を練習しても上手になりにくいのです。

「私なんか生まれて来なければ良かったんだ……」は、存在そのものを否定していますので、それ以上の自己実現という概念そのものが存在しません。

「私は一生不幸に違いない……」は、不幸を決めつけてしまっているので、幸せになれないのです。

「私は誰からも愛されないし必要ともされないんだ……」は、恋愛も出来ませんし、親友も出来なくなります。必要されないわけですから仕事も、どんなに頑張っても認められる可能性は低いままなのです。

この《不幸の法則》を知らず知らずであろうとも、使ってしまうと、不幸の自己実現という実績ができてしまうので、さらに強化されてしまうのです。そうなってしまっては、どんなに良い本を読んでも、セミナーに行っても全てが無駄になってしまうのです。努力すら無駄になってしまうのです。

そこで大事になってくるのが回避方法です。この法則が習慣になってしまっていたら若干厄介ですが、正しい対処法さえきちんと実行すれば大丈夫です。

わかりやすい例を挙げます。「私は不幸だ…というのは過去で、今は幸せに向かっている。未来はさらに幸せだ!」とタイムラインを作って《否定マインド》を意識の中で過去のものにしてしまうのです。そして肯定的かつ願う現在、未来を作ってしまえば良いのです。

実は潜在意識というのは時間の概念がありません。すべて現在だと捉えてしまいます。未来も同様です。だとすると、強引に否定マインドを過去にしても、結局は現在と認識してしまうのではないかと言われてしまいそうですが、お勧めした理由はちゃんとあるのです。

そもそも否定マインドが《癖》になってしまっている以上、嫌でも始めのうちは勝手に浮かび上がってきてしまいます。それは止むを得ません。だから、強引に過去という概念を作りだし、現在と未来を強調するのです。

少々矛盾を感じるかもしれませんが、とにかくやってみて下さい。若干文章が長くなるので面倒かもしれませんが、繰り返しているうちに、過去になった否定マインドは、それこそ面倒になって出て来なくなります。

そうすれば、後はしめたものです。今まで培ってきたメソッドを復習して改めて実践してみて下さい。今までとは違った手応えを感じられると思いますよ。