愛の星・地球がその輝きを取り戻すためにやって来た PART.3~啓蒙活動を通じて愛と光の存在であることを気づかせる~

愛の星・地球がその輝きを取り戻すためにやって来た PART.3~啓蒙活動を通じて愛と光の存在であることを気づかせる~

ヒプノセラピーの中で、クラアイントの留美子さんは愛の原理を教える場所を世界各地につくる役割があると伝えられました。光の発信地は250箇所の中心から100万箇所に広がるといいます。土地も人もすべて本質に近づき、アフリカ大陸は2つに分かれるとヒプノセラピーで教えられたのです。

 

―光の存在はどんなイメージなのか?
「金色の後光がさす茶色の髪の男性。肩くらいの長さでウェーブがかかっている髪。白い服を着た西洋人。日に焼けて、水色とグリーンの瞳」

-何という名前か?
「メシア(イエス・キリスト)」

-メシアからあなたへのメッセージは?
「“光の者よ、いつも見守っています”。優しく包み込むよう、それでいて力強さを秘めている。大きな愛。光り輝く地球を手に持って、“ともに歩もう! 怖れることは何もない”と伝えてきている」

-今世の目的は何か?
「地球を救うために来た。愛の星、地球を。その輝きを取り戻すためにやって来た」

-今世の目的を果たすために計画してきた活動は何か?
「啓蒙活動。教えを広め る」

- 教えとは何か?
「愛と光の存在であることを気づかせる」

-具体的には、どんなことを行うのか?
「学びの場所をつくる」

-どんなところに作るのか?
「世界各地。光が派生して広がっている。阻む者はいない。分かる者が世界各地で中心となる。ありのままで、愛の波紋」

-どんなことを教えるのか?
「摂理。法を説く」

-摂理とは、もう少し分かりやすく言うとどういうことなのか?
「“私たちは元は一つ” “すべては愛から派生している” “すべてが学びで必要なこと” “おのれを信じること!”と、杖を持ったお爺さん(モーセ)が言っている。“すべて用意されている”と。その原理を今一度思い出す時が来た。もう、惑わされている時ではない。光が勝つように できている。そのための闇だ!」

-光の発信地はどんな場所にできるのか?
「決まったところに人は配置されている。その者が光を発する。地球上に網目のようになっている」

-どのくらいの数の光の発信地が計画されているのか?
「中心となるのは250ヶ所。それから100万ヶ所になる」

-何年かけてその数の光の発信地になるのか?
「5年~10年で250になり、約30年で100万になる」

-中心となる250ヶ所は日本に多いのか?
「日本は既に芽が出つつある。それに続いて世界に広がる。日本はそのエネルギーと伴に上昇していく」

-日本からどのような世界地域に広がるのか?
「アフリカからヨーロッパへの流れとなる。アフリカは東南と北西の2つに分かれる。大陸が分かれる」

- アフリカ大陸が分かれるのは、今から何年後くらいなのか?
「25年後。これから元に戻っていく。より無理のない状態。本質に近づく。土地も人もすべてが」

-今世、パートナシップを結ぶ約束してきた相手はいるのか?
「その人は見ている。光の存在で守ってくれている。肉体は持っていない。ツインソウルはサポートの役割」

-ツインソウルからのメッセージは?
「愛しています。常にあなたの一歩一歩を照らしています。見守っているから安心してください」。

-どんなイメージなのか?
「光り輝く男性。左手にサーベルを持っていている。純心がこもっているからつながっている」

-クリアすべき課題は何か?
「怖れを手放す。ぐずぐずする癖をなくす。一歩踏み出す。あと は一歩踏み出すだけ。本当は強い存在だということを思い出しなさい!」

-あなたは勇気を持って一歩踏み出せますか?
「踏み出せる。(モーゼが「それで良い。そうじゃ」と言っている)」

-あなたは子供たちのお世話をしたいという思いがあるというが、いずれ現実になるのか?
「自分自身が子供のような魂だから。いっぱい傷ついて来た。もう手放すとき。子供と遊ぶことで本質になれる。どんどん集まってくる。動物や植物。清らかな者たちが集まってくる」

-アフリカのタンザニアでボランティア活動をしたとき、日常的に現地の人たちが黒魔術を用いているのを目の当たりにしたというが、何か意味があるのか?
「分かっていないだけ。そこに行く。愛と光のエネルギーが広まれば闇 も光になっていく。それは速い。光の速度は速い。難しく考えるな!どれだけの者が力を合わせて光を降ろそうとしているか知っているだろう。いつも委ねて頼れば良い。だが、いつも自分の軸を持つように。もう二度と闇に惑わされるぬよう、誓いを立てて入るように!」

~つづく~

★バックナンバーはこちら