スピリチュアル・ライター&ヒーラー並木由紀の最新スピリチュアル・レポート~ドナ・ファロンさん主宰「ソウルクレンジング」ワークショップ④~

スピリチュアル・ライター&ヒーラー並木由紀の最新スピリチュアル・レポート~ドナ・ファロンさん主宰「ソウルクレンジング」ワークショップ④~

超人気ミディアム、ドナ・ファロンさんによるヒーリングのワークショップ! ソウルクレンジングのプラクティショナーになる!

イギリスの超人気ミディアムである、ドナ・ファロンさんのワークショップにも参加させていただきました。今回はそのレポート4回目です。

 

1回のアチューンメントでスピリットの世界が見えるようになった?

アチューンメント後、とても不思議な体験をしました。

まず一つ、アチューンメントを受ける前に感じた喉の痛みの激しいもの。おそらくエネルギーを実際に伝授してもらったことで、強い好転反応が出ていたのでしょう。

休憩中、会場の外の階段に、何か白いものが座っているのが見えたのです。いままでも、高次のエネルギー体や幽霊かな? というものは見たことがあるのですが、それはぼんやりとしたものでした。それが、まるでシーツかタオルの塊のようにはっきりと白い物体が見えたので、「あれ? 何……?」と思ったのです。もう一度振り返ってみると、もうその物体はそこにはなく、でも振り返るまで一瞬のことだったので、まさかその間にどこかに移動する時間もなく、見間違いかなぁと半信半疑で会場に向かいました。

「ちがう、見間違いじゃなくて、本当に見えたんだ」と思ったのは、瞑想に入ったときです。

この日も、ミディアムやソウルクレンジングの仕事の前には、必ず祈りとプロテクション、瞑想を欠かさないというドナさんの誘導によって、ワークのはじめに瞑想が行われました。

すると、いつもよりもとても鮮やかな色が目を閉じていてもはっきりと見えたのです。そして、目を閉じている間、途中ドナさんがいったん立ち上がって移動されたのですが、そのドナさんの動いた軌跡がキラキラと黄金色に輝いて、とてもまぶしく見えました。ドナさんは、プロテクションのとき「金色の光に包まれて……」等の誘導をしてくださいますが、目を閉じていてもはっきりとまぶたの裏に映るドナさんのオーラを見て、「あ、アチューンメントで本当に何かが開いたんだな」と感じました。そして同時に、プロテクションというのは、このようにやるものなんだというのが、ドナさんのオーラを通じて、実践で学ぶことができました。

瞑想で見えたのは、フラッシュバックのようにめまぐるしく変わるたくさんの映像。

その中で印象的だったのは、森の中、湖の近くにいる白いドレスを着た女性と馬。炎を囲んでその熱さを感じたり、クリスタルの高いタワーを眺めたり、地球を上空から眺めたり。とにかくたくさんの映像がパッパッパッと切り替わっていくので、とてもすべてを書き切れないですし、覚え切れてもいないと思いますが、そんな不思議なメディテーションでした。

その瞑想体験と朝の不思議体験とともにシェアすると、ドナさんは

「高いクリスタルのタワーというのは、あなたのこれからに対する野心的な意志を象徴しているものです。あなたがこれからやりたいと思っている夢や希望がその中に詰まっているのです」

と、教えてくださいました。

~つづく~

 

現在ソウルクレンジングワークショップ申込受付中!

注 並木さんの体験談は昨年のものであり、本年8月開催のものと内容が異なる場合がございます。

ソウルクレンジング レベル1  8月17日(土) ¥6.5000円
ソウルクレンジング レベル2  8月18日(日) ¥135.000円
ソウルクレンジング レベル3   8月24日(土)、25日(日)の二日間 ¥135.000円

お申し込みはコチラ

 

 
★バックナンバーを見る→連載記事:ドナ・ファロン