スピリチュアル・ライター&ヒーラー並木由紀の最新スピリチュアル・レポート~ドナ・ファロンさん主宰「ソウルクレンジング」ワークショップ③

スピリチュアル・ライター&ヒーラー並木由紀の最新スピリチュアル・レポート~ドナ・ファロンさん主宰「ソウルクレンジング」ワークショップ③

超人気ミディアム、ドナ・ファロンさんによるヒーリングのワークショップ! 
ソウルクレンジングのプラクティショナーになる!

イギリスの超人気ミディアムである、ドナ・ファロンさんのワークショップにも参加させていただきました。今回はその第3弾です。

1回目のアチューンメントで何かが開く?

さて、いよいよアチューンメントです。
自分の番が来るまで、手のひらを上に向けて座って待っていたのですが、そのときから熱いエネルギーがビンビンやってくるのが感じられました。ドナさんが来る前から既に周りに誰かいるような感覚……。

そして、実際のアチューンメントが始まると、もともと緑と紫を中心としたたくさんの色と光がほのかに見えていたのですが、突然右側のこめかみから強い光が左側に向けて突き抜け、そしてサードアイの部分が紫になった感覚がしました。特に右側からの光は強く、目を閉じていてもまぶしいぐらいです。

これまで、臼井式レイキをはじめ、さまざまなアチューンメントを受けてきましたが、はじめての感覚でした。

「私のなかの何かが開いたのだな」とぼんやりと思っていましたが、その証明は翌日さっそく得られることになるとはそのときは露知らず……。

アチューンメント体験もみんなでシェアしましたが、これも人それぞれでとてもおもしろかったです。

とはいえ、私も自分が伝授する側になったときによくお伝えしていることなのですが、アチューンメントというのは、そこで何か不思議な体験をすることが目的ではなくて、その後どうエネルギーを活かしていくかということが大事なのです。

もちろん、人によってはアチューンメントのときに、「何も感じない」という方もいらっしゃいます。アチューンメントの体験は本当に人それぞれなのです。

私の場合は、今回アチューンメントを受けると決まったときから、身体のほうで準備を始めていたようで、ワークショップ前日はめまいがひどく起き上がれないような状態でした。また、のどの痛みも感じていました。それについて、ドナさんに質問したところ、やはり

「もう準備を始めていたのかもしれませんね。好転反応のひとつの症状として、酔っ払ったかのようにめまいを感じる、クラクラするというものがあります。それを先に感じていたのかもしれません」

とのこと。私の場合は、アチューンメント後、めまいはすっかりおさまり、のどの痛みだけが続くという症状でした。

これまでたくさんのエネルギーを受けてきたので大丈夫かと思っていましたが、ソウルクレンジングのエネルギーは思った以上にパワフルだったようです。

この日の講義のなかで、とても印象的だったのは、
「私はみなさんと何も変わらないんです。みなさんも、今後ほかの人にヒーリングをするときに、『自分が癒してあげている』と思わないでください。ヒーリングをする人の中には、自分がまるで神であるかのように『自分が治してあげているんだ』とエゴが肥大してしまっている人がいます。自分はほかの人と変わらないんだと覚えておいてください」
というお話です。

ヒーリングにしても、ミディアムにしても、数々の称賛を受けながらも奢らずに、あくまでも自分自身を単なる「導管」「パイプ」として謙虚に捉えているドナさんの姿勢は、とても尊敬すべきもので、学ぶべきものだと感じたのでした。

~つづく~

現在ソウルクレンジングワークショップ申込受付中!

注 並木さんの体験談は昨年のものであり、本年8月開催のものと内容が異なる場合がございます。

ソウルクレンジング レベル1  8月17日(土) ¥6.5000円
ソウルクレンジング レベル2  8月18日(日) ¥135.000円
ソウルクレンジング レベル3   8月24日(土)、25日(日)の二日間 ¥135.000円

お申し込みはコチラ

★バックナンバーを見る→連載記事:ドナ・ファロン