英国で健康保険適用の自然療法「クリスタルアキュパンクチャー、テラグラムセラピー(TM)」誕生ストーリーPART.4

英国で健康保険適用の自然療法「クリスタルアキュパンクチャー、テラグラムセラピー(TM)」誕生ストーリーPART.4

ワンネスインスティテュートでは、会社員の方、既にほかの療法を学んだセラピスト・カウンセラーの方、サロンなどを経営している方や、家族や自身のケアをしたい方のほか、看護師、臨床検査技師、物理療法士、介護士など、医療・福祉関係にお勤めの方などにも受講いただいています。セラピストを目指している方はもちろん、人生の質の向上を目指すあらゆる動機をもつ方がこのセラピーを学び、喜びの体験をし、自分だけでなく家族や他の人たちにもやってあげたい、こういう方法があるのだと教えてあげたい、と目を輝かせてお帰りになります。
私自身の体験談ですが、2005年1月にDr.マーガレットからすすめられてパワーストーンセラピーを学んだ直後、母が「最近頭痛がひどく、何をしても治らないの。受けてみたいわ」というのでトリートメントをしたところ、一回の施術で痛みがなくなってしまいました。驚いた母は、疲労と肩こりのひどかった父、がんの治療中で副作用がひどく不眠で苦しんでいた親友、手足やひざに問題があっていつも整骨院に通っていた祖母にもセラピーを奨めました。母自身が肝臓や胆のうを患っていたときも、「セラピーを受けていると体も楽になり、検査の数値も正常に戻るのよ」と継続的にセラピーセッションを受けてくれました。


のちに、母も自らこのセラピーを学びました。セラピークリスタルを置いているだけでもチャクラがヒーリングされ体が軽くなりセルフケアもできるので、と、一人暮らしを始める弟や祖母にもセラピーのストーンキットを買って渡した母ですが、当初は私がセラピーの勉強を始めたことに「大丈夫かしら」と心配していたほどでした。数年経って、母が精神的にも体力的にも大きな困難を経験していた時期にもやはりこのセラピーが役立ち「おかげでなんとか生きていると思ってるの。本当にありがとう」、今では「こういう職業の人が家族に1人いてくれて、本当に助かるわね。ありがたいと思っているのよ」と言ってくれています。

家族の例はほんの数例ですが、これまで、問題を改善したい、解決したいというあらゆる年代、国籍、バックグラウンドをもつ方たちにセラピーをお受けいただいています。このセラピーについてや養成講座の詳細、多くのセラピー体験談やご感想をホームページに掲載していますので、ご興味のある方はワンネスインスティテュートのホームページをお読みになってみてください。

素晴らしいことに、このようなフィードバックを家族や友達、クライアントさんからいただいたり、人間関係や仕事、人生の質そのものの向上を体験しているのは、私だけではありません。ワンネスインスティテュートでは、受講生の皆さんは課題レポートを提出して修了・認定となりますが、レポート課題のためのモニタリングセッションの段階から、ポジティブなフィードバックを受け取っているのです。

卒業生がセラピストとして活躍し始めてからも、クライアントさんたちから非常にポジティブなフィードバックや驚き、喜びの声を受け取っているという報告を数多くいただいています。講師としてこんなに嬉しいことはありません。

そのことからも、このセラピーが誰にでも行うことができる、パワフルなヒーリング手法であることがおわかりいただけると思います。

ワンネスインスティテュート(☆)では、Dr.マーガレットからの許可推奨を受けて、Dr.マーガレット本人をのぞき現在日本で唯一、このセラピーをお教えし、セラピスト養成を行っています。次回は、2012年6月2日(土)より、週末5日間をかけて開催を予定しています。

ワンネスインスティテュートのホームページへリンク

(☆)ワンネスインスティテュート(スピリチュアルスクール。代表・講師REMI)は、Dr.マーガレットが教育理事を務める米国UCCより正式な許認可を受け、カリフォルニア州に登録されているスピリチュアルスクール。米国UCC後援の国際修了証・認定証の発行が可能。

PART.3
PART.2
PART.1