英国で健康保険適用の自然療法「クリスタルアキュパンクチャー、テラグラムセラピー(TM)」誕生ストーリーPART.3

英国で健康保険適用の自然療法「クリスタルアキュパンクチャー、テラグラムセラピー(TM)」誕生ストーリーPART.3

英国で健康保険適用の自然療法「クリスタルアキュパンクチャー、テラグラムセラピー(TM)」の多彩な実力

さて、私自身は、セラピストとしては2005年より7年間、講座を教え始めてから3年間「パワーストーンセラピー」に携わってきました。そのなかで受け取ってきた恩恵や特徴を挙げたいと思います。

①セルフケアとしてはもちろん、家族やクライアントへのトリートメントとして、いつでも、どこでも、毎日でも、手軽に行うことができ、何年経っても色あせません(創始者のDr.マーガレットも、セラピーの誕生から30年以上たった今もセラピーを行い、多くのクライアントを援助しています)。職場にいても、自宅でも、セッションにおいても、手軽にヒーリングを受けることができるのです。

②国籍でいうと日本の方はもちろん、アメリカ、スイス、カナダ、香港、フランスの方、年齢では子供からご年配70代の方まで施術していますが、ヒーリング効果は老若男女を問いません。皆さんがそれまで体験したことのないパワフルなヒーリング体験や解放が起きることにとても驚かれます。

③施術の基本は、いわば「クリスタルを使った鍼治療」で、体の中を巡る主要なエネルギーラインである「経絡」と、エネルギーが交差する重要なポイントである「ツボ」への施術と、7つの主要チャクラをヒーリングし、5つのボディを整合させることです。テクニックがシンプルなため、学んだその日からトリートメントを実践できます。中国鍼のように鍼を刺したり電気的な信号を送る必要はありません。クリスタルから放たれるエネルギーはそれ以上にパワフルでありながら副作用がなく、さまざまな療法と併用できます。医療を受けている場合も補完的に適用でき、安全です。ストーンのケアも簡単です。

④セラピストがワンネスのスピリットガイドよりヒーリングエネルギーを受け取り、クリスタルを通して流します(クリスタルはエネルギーを洗練する・増幅する・繰り返す性質をもち、ネガティビティやブロックを浮上させ、それらの解放をサポートします)。このセラピーを行うとあらゆる層(肉体+精妙体、5つのボディ)でヒーリングが起こり、チャクラが癒され、健全な動きと働きに戻ります。それにより、クライアント本来の健全な状態に戻るのです。

⑤肉体だけでなく、感情だけでなく、思考(マインド)だけでなく、スピリットだけでもなく、ヒーリングや変化が「全てのレベル」で起こります。そのため変容性が高く、痛みや症状、問題となっていたことも1度のセッションで改善・解消してしまったという感想もよくいただきます(慢性的な症状や大きな病気は継続的なトリートメント、問題の根本となる感情・思考に関してのカウンセリング、生活習慣の改善など、より包括的なアプローチを必要とすることが多い)。

⑥セラピーを始めた瞬間から深いリラクゼーションの状態に入り、α波の意識状態となるため、ストレス、マイナス感情や思考をスムーズに手放すことができ、心身の機能が回復され、自己治癒力や免疫力も向上します。ブロックやストレスが高じると病気になりうる「未病」の段階をケアすることができるので、予防や日常的なセルフケアの方法としても有効です。


⑦また、サイキックセンスや思考の再プログラミングや、よりよい選択をしたり、よりよい人生を送るためのインスピレーションを得る、サイキックセンスを開発したり、瞑想やスピリットガイドとのつながりを深めるなどのスピリチュアルな成長も促します。

➇自身のみならず、家族や大切な人たちの心身の不調をケアし、スムーズにストレスリリースを助けることができます。素晴らしいことに、学んだ方たちが施術した相手にヒーリングが起きて問題が改善されたり解決できるだけでなく、セッションの結果、難しかった家族関係がやわらいだり、絆が深まったり、家族からのサポートや愛などを受け取るなどの喜ばしい変化を皆さんが体験されています。
ワンネスインスティテュート(☆)では、Dr.マーガレットからの許可推奨を受けて、Dr.マーガレット本人をのぞき現在日本で唯一、このセラピーをお教えし、セラピスト養成を行っています。次回は、2012年6月2日(土)より、週末5日間をかけて開催を予定しています。

ワンネスインスティテュートのホームページへリンク

(☆)ワンネスインスティテュート(スピリチュアルスクール。代表・講師REMI)は、Dr.マーガレットが教育理事を務める米国UCCより正式な許認可を受け、カリフォルニア州に登録されているスピリチュアルスクール。米国UCC後援の国際修了証・認定証の発行が可能。

 

PART.4へ続く

PART.2
PART.1